「サヴォイ」(ラジャマンガラ・スタジアム)




今回紹介する一品は愛聴するラジオ番組「BANANAMOON GOLD」の中でよく話題になる食べ物で、タイに行く機会があれば必ず食べようと思っていた名物料理。スズキカップ遠征における最後の食事として訪問した。

矛盾する価値 -スズキカップ観戦記 タイ編-

お店紹介

サヴォイ 外観

店名:サヴォイ

住所:チットロムやスクンビットなどバンコク市内に8店舗を展開

営業時間:AM 11:00~PM 22:00 (Last Order 21:30)

HPはこちら

1972年創業で、駅ビル内など良い立地で出店しているファミリーレストラン。店内はオシャレで清潔感もあり、メニューは写真+英語表記で日本人も入りやすい。ジュアルな雰囲気で定番のタイ料理を一通り食べることができる使い勝手の良さが魅力。

食べるべき一品:「プーパッポンカリー」(230バーツ/100g)

プーパッポンカレー

丸ごと一匹蟹が入っている贅沢な定番タイ料理。殻付きのカニをバキバキに砕いた状態でカレー風味の卵でとじるという豪快さ。卵はふわふわでカレーの味はそこまで強くない印象。想定外だったのは白米は別売りということ。カニのエキスが染み込んだ卵を白米にかければ美味しさ倍増間違いなし。インスタ映えするビジュアルも高評価。皆でシェアしながら食べたい。

おススメ度:5点/10点満点

前日にスタジアム周辺の店で食べたグリーンカレーの方が美味しかった。豪快な蟹のビジュアルは惹かれるが食べにくさは大きなマイナスポイント。手がベトベトになってしまうことを嫌う人には向かない料理。あと、タイの物価を考えると単純に料金が高い。リーズナブルな定番タイ料理が多い中でこれを食べる必然性は低いか。

ごちそうさまでした。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。衛星放送会社勤務を経て、筑波大学大学院でスポーツ社会学修士。サッカー専門媒体での執筆活動も行う。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。