「サヴォイ」(ラジャマンガラ・スタジアム)

今回紹介する店のグルメはラジオ番組「BANANAMOON GOLD」の中で時々話題になる食べ物で、タイに行く機会があれば食べたいと思っていた。スズキカップ遠征の最後の食事として堪能した。

盛り上がりに欠けるスタジアムで考えたこと -スズキカップ観戦記 タイ編-

愛国心を叫べ!混沌としたスタジアムで -スズキカップ観戦記 ベトナム編-

お店紹介

サヴォイ 外観

店名:サヴォイ

住所:チットロムやスクンビットなどバンコク市内に8店舗を展開

営業時間:AM 11:00~PM 22:00 (Last Order 21:30)

HPはこちら

1972年創業。駅ビル内など、良い立地に出店しているタイの有名ファミリーレストラン。内装はオシャレで、清潔感もあり、メニューが写真+英語表記なので、外国人も利用しやすい。カジュアルな雰囲気で定番のタイ料理を一通り食べることができる。

食べるべき一品:「プーパッポンカリー」(230バーツ/100g)

プーパッポンカレー

蟹が一杯丸ごと調理されている贅沢なタイの定番料理。バキバキに砕いた状態の殻付きのカニを、カレー風味の卵でとじる豪快なビジュアル。蟹エキスが染み込んだカレー風味の卵は、白米との相性抜群。ただ、白米は別売り。インスタ映えするビジュアルも高評価。皆でシェアしながら食べたい。

まとめ

庶民的な舌を持つ私的には、タイのスタジアム周辺の出店で買ったグリーンカレーの方が美味しかった。蟹は間違いなく美味いのだが、食べにくさが難点。手がベトベトになってしまうこともマイナスポイント。タイの物価を考えるとコスパも悪い。安くて美味い。タイ飯にはやはりこれを求めてしまう。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
メディア寄稿実績
DAZN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サッカーブログ「ロスタイムは7分です。」を運営。“サポーター目線”をコンセプトにガンバ大阪やJリーグ、アウェイ遠征先で食べたグルメ(主にラーメン)に関する雑記を配信。関西学院大学社会学部卒業後、スカパー!に10年在籍。筑波大学大学院(スポーツ社会学)を経て、フットボリスタ所属のライター&編集者として活動。他媒体への寄稿も行っている