「煮込うどん 山本屋本店」(豊田スタジアム)

電子書籍発売のお知らせ

ひつまぶし」「台湾まぜそば」「台湾ラーメン」……定番の名古屋メシをひとつずつ制覇していく中で、今回のターゲットにしたのが「味噌煮込みうどん」。王道の味を知るべく老舗を訪問した。

お店紹介

山本屋本店 エスカ店

メニュー

お土産専門店も

店名:煮込うどん 山本屋本店

住所:名古屋市中村区椿町6-9先 新幹線地下街エスカ

営業時間:10:00〜22:00(ラストオーダー21:30)

HPはこちら

名古屋にはややこしいことに「山本屋」と名が付く味噌煮込みうどん屋が2つある。今回紹介する「山本屋本店」と「山本屋総本家」である。愛知県民の友人曰く「どっちも変わらない」らしく、実際に公式HPを見てもメニューや値段に大きな差は見られない。

「山本屋本店」を訪問することにした理由は「漬物」。玉葱と胡瓜が食べ放題なのだ。味が濃い味噌煮込みうどんの付け合わせとして、漬物が果す役割は大きい。「玉葱用です」と案内されたドレッシングがとても美味かった。

食べ放題の漬物

食べるべき一品:「名古屋コーチン入り」(2,190円)

名古屋コーチン入り

まず麺が固い。「煮込みうどん=フニャフニャ」というイメージとはまるで違う食べ応え。讃岐うどんの“コシ”とは違った食感。食べ終わるまで固さは健在かつ、しっかりと味も染みている。

地元特産の赤味噌、白味噌にザラメを独自の技術でブレンドしたというスープは、名古屋メシのアイデンティティだと考える“白米が進む”味。白米のおかわり自由が嬉しい。生卵を溶いてマイルドな味変もオススメ。

土鍋で提供されるので最後まで熱々。鍋のふたを取皿にして食べる。味が気に入った方はお土産用の商品も売っている。

まとめ

「せっかく名古屋に来たし……」と”名古屋コーチン入り”にしたが、コスパ的には”かしわ入り”くらいにしても良かった。麺大盛りのオプションも含めて、うどんランチで3000円は少し値段が高い気も。ただ、提供スピードや接客の丁寧さを含めてトータルで考えれば訪問する価値のある定番店。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
電子書籍発売のお知らせ

ABOUTこの記事をかいた人

大阪出身東京在住のガンバサポーター。駄文系サッカーブログを運営。「サポーター目線」をコンセプトにガンバ大阪やJリーグ、アウェイ遠征先で食べたグルメ(主にラーメン)に関する雑記を配信中。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン