【編集後記】レジェンドレフリー・小幡真一郎さんの記事を寄稿して

フットボールチャンネルに寄稿した記事「ストイコビッチにイエローカードを出された審判 -小幡真一郎インタビュー-」を書き終えて思うところを少し。

出会い

小幡さんと私は筑波大学大学院で共にスポーツを学ぶ“同級生”という関係性である。30歳以上年齢の違う我々が同じ教室で学ぶ環境は大学院の面白いところ。そして、授業以上に小幡さんをはじめとするスポーツ界のトップランナー(同級生)との会話は自身の学びとなっている。

……と言いながら、実は入学まで小幡さんの存在を知らなかったことを正直に告白しなければならない。入学式で小幡さんの「Jリーグの審判と教師をやってました」という自己紹介を「へぇ」くらいにしか受け止めていなかったことを今は反省している。入学式の帰り道で「小幡真一郎」を検索してビックリ。Wikipediaには“1993年Jリーグ開幕戦の主審を担当” や“ストイコビッチにイエローカードを出された審判”など栄光の数々が記載されていた。それ以降、私の“レジェンド”に対する態度が変わったのは言うまでもない。

今回のインタビュー記事は授業後にいつも立ち寄るお好み焼き屋「和」での会話がきっかけとなっている。授業の感想や将来の夢をお酒を飲みながら語る時間はまるで本当の大学生に戻ったかのようで楽しく、そこで聞く小幡さんの話を多くのサッカーファンに共有したいと思った。特にJリーグ審判に関する情報はクローズドの部分も多く、現役時代の経験や指導者の立場から語られる審判論は面白くなる確信があった。

取材にあたって開幕戦に着用したユニホームを準備いただいたり、当時の記憶を思い返してもらうために過去映像を見てもらったり、協力いただいた小幡さんはもちろん、この企画を許諾いただいたJFA様にも感謝を改めてお伝えしたい。

実際にJリーグで着用した審判服

反響を受けて

記事タイトルはインパクトを重視して「ストイコビッチにイエローカードを出された審判」とした。ちなみに、ボツになった候補タイトルは「審判はつらいよ」「たとえ批判されようとも」。伝えたかったのは小幡さんの経験談を通じた審判への正しい理解。反響を見聞きする限り、その目的はある程度果たせたと考えている。

この記事が公開された直後にタイミングが良いのか悪いのか「柿沼主審の騒動」が発生したことも多くの人に読まれる要因となった。この件で柿沼主審を擁護しようとは思わないが、“下手くそな審判”というレッテルを貼って今後の判定を判断しないようには心掛けるつもり。第2の家本主審のような“被害者”を生みたくないということも、今回の記事を書いた理由の1つだから。審判への向き合い方はJリーグサポーターが抱える課題の1つだ。

「主審告白」(家本政明)

おわりに

「引退後の主審」という取材対象は一見地味だが、想像以上に意義のある記事になったと思っている。小幡さんを知らなかった自分の無知は一旦棚に上げるが、話を聞けば聞くほど凄い人だと感じていたので、生意気ながら記事を通じて小幡さんの再評価に貢献できたのなら嬉しい。

※小幡さんは今年ブログ「17条とコモンセンス」を開設されました。こちらもご確認ください。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”をコンセプトにJリーグやガンバ大阪に関する雑記、全国のラーメン食レポなどを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転職。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime