秋田の寒さに震えながら考えたスポーツの未来




土曜日の午後8時過ぎ。Bリーグ・ブラウブリッツ秋田の試合観戦を終え、秋田駅に戻って驚いた。人がいないのだ。営業時間を終えている店も多く、駅前の雰囲気はまるで深夜。11月中旬の秋田、気温が低いことも影響して心細く感じ、夜遊びをすることもなく、そそくさとホテルに帰った。

秋田県で暮らす知人曰く「(秋田は)エンタメが少なく、寒いのであまり外に出ない」。言わずもがな若い人は他県に流出し、少子高齢化が悪化。さらに肥満率の高さも県が抱える大きな課題なのだそうだ。

秋田犬の散歩で健康促進!……とはいかないよう

そんな話を聞いていたのでソユースタジアムのアウェイ側入口に設置されていていたウエルカムボードに少し切実さを感じてしまった……のはセンチメンタル過ぎるだろうか。コミュニティへの飢え。交流の渇望。寒さのせいか地方クラブが持ちがちな“歓迎力”の背景を悲観的に想像してしまう。事実として秋田まで遠征したガンバサポーターは数えるほどだったし、あの寒さの中の応援はなかなかの苦行だった。今後、秋春制が採用された場合、観戦中に凍死者が出るかもしれない。サッカーにとっては恵まれた環境ではない。能代工業の影響もあるだろうが、屋内スポーツであるBリーグ(ハピネッツ)に県内の人気が集まるのは理解できる。

アウェイ側入口に掲げられたウェルカムボード

1人のJリーグファンとしてブラウブリッツ秋田を通じて多くの秋田県民のコミュニティが活性化することを応援するばかりだが……ふと思う。サッカーにとっての逆境環境はフットサル(Fリーグ)にとっては高ポテンシャルなのではないだろうかと。理由は2つ。

ブースターとサポーター -それぞれの応援スタイル-

1つ目は秋田県のサッカー少年は雪で屋外の練習ができない冬季はフットサルをプレーしている(フットサルに親しんでいる)こと。2つ目はBリーグ・ノーザンハピネッツの人気。同チームは新アリーナ建設を目指しているそうだが、同じアリーナスポーツであるフットサルと協業できる可能性(アリーナの稼働率向上など)があること。

11月の秋田は寒かった……

Bリーグの高いエンタメ性を体験する度にFリーグもこうなったらなと思う。秋田がきっかけで日本のフットサルリーグが活性化されて、プロ化される……そんなことを「きりたんぽ」で暖をとりながら想像した。

※関連記事:秋田遠征のタイミングでブラブリッツ秋田・社長への取材も敢行。セットでどうぞ。

秋田に新スタジアムは必要か? 岩瀬浩介社長独占インタビュー

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。