伝説は雨とともに -サッカー観戦で体調を崩す社会人-

雨の埼玉スタジアム
電子書籍発売のお知らせ

森高千里さんは雨を「思い出も涙も流すもの」として歌ったが、私はむしろ記憶を確かにものにするものだと捉えている。

今節の後半ロスタイム同点弾という劇的展開を、私は豪雨の冷たさと共にずっと忘れることはないだろう。雨は“伝説”を生む要因の1つであると考えていて、古くは「きつねの嫁入り」から始まり、近年では音楽フェスも雨とセットで名演奏が語れているのを時々見聞きする。

ただ、現場にいる人間としては雨は辛い。天気予報から試合開催時間の豪雨は確実視されていたので、スタジアムに行くことを少し躊躇したのは事実だ。惰性で早朝からシート貼りを行い、開門までの時間を浦和美園イオンのカフェで過ごす間、試合の延期を心のどこかで少し期待していたことは認めざるを得ない。試合後、東京メトロの窓に映る自分の姿は朝より少し老けて見えた。

そして、この記事を書いている今、喉の痛みに苦しめられている。勤め先で「週末は雨なのにガンバの試合があるんですよねぇ」とヘラヘラ喋ったせいで、迂闊に病欠もできない。“サッカー観戦で体調を崩す奴”は社会人失格だからだ。……事実ではあるのだが。

社内報に自分のJリーグライフを書いた話

最後まで頑張れた理由は?

今節が開催された4日前、レッズが出場したACL準決勝を観戦した。かなり強度の高い試合内容だったので、今節のスタメンがあまり変わっていないことを知った時は「よし!これは消耗あるぞ!」と日程的優位を期待した……が、運動量、球際などあらゆる局面で上回られた印象だ。

ただ、試合内容と結果が必ずしも結びつかないのがサッカーというスポーツ。3-3の引き分け。状況的に勝敗があまり大きな意味を持たない一戦で、最後まで選手達が頑張る姿を観れたのはちょっとした驚きではあった。その要因として少しでも我々の声援があるのなら、喉の傷みも無駄じゃない。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
電子書籍発売のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪出身東京在住のガンバサポーター。駄文系サッカーブログを運営。「サポーター目線」をコンセプトにガンバ大阪やJリーグ、アウェイ遠征先で食べたグルメ(主にラーメン)に関する雑記を配信中。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン