社内報に自分のJリーグライフを書いた話

先日、所属している会社の広報部から「社内報に君のサッカー観戦ライフを書いてくれないか?」というオファーが届きました。「サッカー好きをアピールできれば、有給(サッカー観戦)休暇が取りやすくなるかも」なんて下心で快諾。今回の記事ではその社内報を公開します。社内におけるJリーグ普及活動のつもりで書きました。

社内報本文

スカパー!のJリーグ中継に映る自分を直視できない。

「こんなオーバーリアクションで喜ぶ人間がいるの!?」
「この落胆している人は友人でも死んだの!?」

画面の先にいる自分の姿に頭を抱えます。あれは本当に私なのでしょうか。あいつにモザイクをかけて欲しい。いい大人が自作の旗を振って、飛び跳ねている映像はもはや放送事故です。月曜日の朝、社内の先輩方から「(中継に)映ってたね」の言葉責め。お恥ずかしい限りです……。

ただ、我を失うほど、感情が高まる趣味を持っていることに幸せも感じています。いや、私の中では“趣味”だとは思っていません……そう、人生。football is life!もう何の話を書いているか察していただけていると思いますが、今回のテーマは「サッカー観戦」。

私は大阪府出身ということもあり、地元クラブであるガンバ大阪を応援し続けています。そんなガンバサポーターとしての生活の一部を紹介することで、少しでもJリーグに興味を持っていただければ幸いです。

ガンバ大阪に自分の人生を重ねて

ホームはスタジアムで、アウェイもスタジアムで!?

「ホームはスタジアムで!アウェイはスカパーで!」は当社のJリーグ中継におけるスローガンですが、ホームもアウェイもスタジアムで応援するのが私の観戦スタイルです。北は北海道、南は沖縄まで全国を遠征しており、ホーム(大阪)の試合に関しても長年シーズンチケットを所持し続けています。

そして、Jリーグの応援遠征で貯まったANAマイルを利用し、シーズンオフには宮崎県にキャンプを観に行くことを恒例としています。毎月、Jリーグクラブがある土地で名産物を食べる生活を何年も続けているので、こんな体型になってしまったのかもしれません。

「俺のホーム/アウェイ飯」格付け

福岡名物のラーメン

遠征先は国内だけではありません。我がガンバ大阪は、「アジアチャンピオンズリーグ(ACL)」というアジア各国リーグの上位クラブが出場できる大会に5年連続で出場しており、韓国中国といった東アジアにも遠征しています。

外国に応援に行くと、本当の意味でのアウェイを体験する事になります。中国、韓国は反日感情が強い国ですし、特にスタジアム内ではナショナリズムを煽られる雰囲気があり、身の危険を感じながらの応援となります。

アウェイの洗礼 -ACL遠征のすすめ-

中国の済南で行われた山東魯能との試合では、ガンバサポーターが応援するエリアを公安警察に囲まれながらの応援になりました。試合後も「危険だから」という理由で裏口からスタジアムの外に移動し、バスに乗ってスタジアムを出たのですが、スタジアムの外にはバスに向かって石を投げてくる山東魯能サポーターがいるではありませんか!車内ではそれを恐がるのではなく、多くの方が逆に楽しんでいた光景がとても印象に残っています。良いか悪いかはともかく、こうした側面もサッカーの一部です。

ACL遠征で訪れた韓国・浦項のスタジアム

情報を発信し続ける理由

Jリーグ漬けの日々をスタートさせたのは、大学生の頃からです。Jリーグ開幕期(1993年)からスタジアム(万博記念競技場)には遊びに行っていましたが、部活動としてのサッカーを高校で終え、土日に時間が出来たことと、多少の経済力が付いたことから、ガンバ大阪の試合を応援する頻度が増えました。

自分が老害サポーターになる日 -ガンバ大阪創立30周年によせて-

この頃から序々に観戦というよりも応援……いや、“参戦”という感覚でスタジアムに通っていました。仮に「ファン」と「サポーター」が別物であるとすれば、私は大学生の頃に「サポーター」になりました。「目の前の試合をただ観戦する人間」から「選手と一緒に戦う人間」……そうです、私も試合の当事者になったのです。

ガンバ大阪の事を「うち」と一人称で呼び始め、遠藤選手を「ヤット」と呼び始め……ん?もしかして、引いていますか?友人とガンバ大阪に対する気持ちにギャップを感じ始めるようになったのもこの時期でした。私には同じ熱量で想いを共有できる相手が必要でした。

たとえ、また敗れようとも

その解決策として、私はWEBでの情報発信を始めました。当時はmixi全盛でしたが、小さなコミュニティで完結するのではなく、少しでも多くの人と繋がりたい想いから、オープンな「ブログ」というツールを選択しました。

Jリーグ・ガンバ大阪サポーターがブログを書き続けてきた理由

効果はすぐに出ました。執筆した記事の本数に比例する形で、ブログを通じたサポーター仲間が増えていきました。こうした「想いの共有」をする場を確保できたことが、サポーターライフを楽しめ続けている最大の要因だと考えています。

ブログを書くことのメリットは他にもあります。それはアウトプット(文章を書く)で、インプットの精度が高まったことです。数年前のブログの記事を読み返すと、自身のJリーグを観る視点が細かくなっている事に気が付きます。書けば書くほどサッカーの新たな魅力を発見できました。書き続けるには「新しいネタ」を見つけるか、「着眼点」を変えるかしかなく、必然だったとも思います。

大手メディアが報じるJリーグは「広く浅い」ものが多いです。一方、サポーターブログは「狭く深い」。私のJリーグに対する知識や考え方は、これまで読んできたサポーターブログによって形成されているといっても過言ではありません。着眼点に幅や深さが持てるようになれば、Jリーグをより楽しめるようになります。「想いを共有したい」という理由でスタートしたブログですが、現在は「新しいJリーグの魅力を発見する手助けになりたい」という想いも持ちつつ、記事を更新する日々です。

第三者目線の価値 -サッカー界のフェイクニュースを入口として-

「Jリーグ」の魅力

最後に私の考える「Jリーグの魅力」を紹介させてください。繰り返しになる部分はありますが、「想いの共有」がJリーグを応援する上での最大の楽しみとなっています。何千人、何万人の想いがシンクロする瞬間ほどカタルシスを感じる瞬間はありません。ゴールの瞬間に年齢、性別、社会的立場を超え、初対面の方々と抱き合えるスタジアムという場所は最高です。

スタジアムでは酔っ払いのおじさんすら愛せる -SNS時代のオフラインコミュニケーション論-

元NHKアナウンサーの山本浩さんはこんな名実況を残しています。

「このピッチの上、円陣を組んで、今、散った日本代表は、私たちにとっては「彼ら」ではありません。これは、私たちそのものです」

この意識を持てた時、サッカーは他人事ではなくなります。選手達と一緒に戦うからこそ得られる感動がそこにはあります。

1失点完封の罠 -なぜガンバはこんなにも自分みたいなのか-

想いを共有できる相手が多ければ多いほど、それはクラブの力になり、得られる感動も大きくなります。事実、名勝負は観客数が多い試合や、サポーターの声がピッチに届きやすいサッカー専用スタジアムで開催される試合が多いです。

信じる気持ちが生んだ逆転のカタルシス -FC東京戦の後半アディショナルタイム決勝弾に見たもの-

今回は社内報なので、サッカーにまったく興味のない人もこの記事を読んでいただいているかと思います。きっとこの記事を読んで「コイツ、痛いな」くらいの感想しか持たないでしょう。ただ、騙されたと思って、一度お近くのスタジアムに足を運んでみて下さい。私なんて可愛いものです。私以上にサッカーに人生をかけている人々の姿を見てください。命をかけてプレーしている選手達の姿をみてください。少しずつウズウズしてくるはずです。

「私は座って試合を観ているだけでいいのだろうか・・・・。私も彼らの力になりたい!」

少しでもこんな感情が芽生えたら、あとはサポーター街道まっしぐらです。仕事中に「J’s GOAL」を読んでしまうでしょう。応援するチームが勝った翌日のスポーツ新聞をラミネート加工するでしょう。スタジアムに行くために仮病だって使うかもしれない。今年はどんなゲーフラ作りますか?そろそろ来シーズンのシーズンチケット発売日ですよ。

では、次回はスタジアムでお会いしましょう。

ゴール裏から一緒に応援しましょう

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
インタビュー記事作成サービスのご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime