「反骨心 -ガンバ大阪の育成哲学-」(下薗昌記)

長年ガンバ大阪の番記者を務められている下薗昌記氏の最新作。2015年に発売された「ラストピース」以来5年ぶりとなる書籍のテーマは「育成」。

宮本恒靖、稲本潤一、二川孝広、家長昭博、宇佐美貴史、堂安律……数々のスターを輩出してきたガンバユースの哲学や現在の指導方針に至った歴史を上野山信行氏や鴨川幸司氏など重鎮の言葉から振り返る章から始まり、U-23の試行錯誤、OB人事、近年増えている高体連・大卒選手獲得の狙い、上野山さんが去った後のガンバアカデミーの未来……と改めてガンバ大阪の育成を整理して理解できる。ガンバ大阪の育成を考える上で非常に参考になる内容となっている。

特に下薗氏も某ネット番組で言及されていた松波さんのセレッソU-18コーチ就任の背景など人事関連での初めて知る情報が多い点は読みどころの1つ。森下監督や明神コーチ招集の経緯、實好さんガンバ退団の背景など下薗さんの批評はないものの、考えさせられる部分は多い。多くのガンバ関係者が人事に運命を翻弄されている印象を受けた。一つ一つの決断がガンバの未来を決めている。

書籍概要

書籍名:反骨心 -ガンバ大阪の育成哲学-

著者:下薗昌記

発行:三栄書房

価格:1,650円(税別)

詳細はこちら

森下監督と“墓場”から飛躍した選手達

ガンバ大阪U-23を指導する森下監督

個人的に面白かったのは現在のU-23について言及されている部分。トップチームと完全隔離でU-23の練習が一時期「6人」になっていたのは有名な話だが、そうした逆境から飛躍した食野や福田の想い。そして、彼らにあらゆるアプローチで指導した森下監督の育成哲学。本書のタイトルである「反骨心」はおそらくここをフォーカスしているのではないだろうか。

結局、全てはつながっていること彼らのエピソードから学べる。森下監督としても難しいU-23の練習環境においても高い熱量で指導できたのは自身も現役時代に近い(辛い)経験をしていたり、監督しても難しいキャリアを過ごす中でその経験が活きているからであった。食野や福田にしても恵まれないと思っていたU-23の環境だからこそ1対1や2対2など個の成長にフォーカスした練習を積めたことが今の躍進につながっている。チャンスはピンチの顔をしてやってくる。いつでも全力を尽くすことの大切さ。すべては必然なのかもしれない。

そんな森下監督に率いられるU-23は今シーズンも注目選手揃い。唐山や中村など明らかに才能のある選手達がどのように育ち、他クラブから来たタビナス・ジェファーソンはどんな変化を見せるのか。そして、今シーズンで活動終了予定のU-23なき来年、森下監督の次なるキャリアは。京都で監督を實好さんからも目が離せない。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。