「黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点」(飯尾篤史)




人生には何度かターニングポイントが訪れる。リアルタイムで自覚できる時もあれば、振り返った際に気付く時もある。そんな誰しも一度は経験するであろう“分岐点”をテーマにJリーガー19人に行われたインタビューをまとめた一冊。

本書内で紹介されている各選手のターニングポイントは「やっぱりそこだよね!」とサポーターの共感を得られやすいエピソードが中心。表面的にはサポーターも知っている事象について当該選手が当時、何を考え、どのように消化し、アクションを起こしたのか紹介されている。それを知ることによって選手への尊敬の念が深まると同時に、自身の行動を考えるきっかけとして刺激を受けることができた。

書籍概要

書籍名:黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点

著者:飯尾篤史

発行:ソルメディア

価格:1,500円(税別)

詳細はこちら

橋本英郎の黄金の1年

ハッシーの分岐点はガンバがJリーグ初優勝した2005年。ユースの同期に稲本や新井場、トップ昇格後はヤットなど同年代に強烈なライバルが同じクラブに所属する中で磨いたポリバレント能力が実を結んだ1年。サポーターとしても2005年におけるハッシーの急成長ぶりは強く記憶に残っている。分かりやすいスペシャルな能力はないながらも、試合を重ねるたびに欠かせない存在となっていった過程はガンバサポーターにとって選手を見る目を養う上で重要な知見になっている。

ハッシーが素晴らしいのは当時はまだ評価されにくかったポジショニングやポリバレントといった地味なスキルへの努力を惜しまなかったこと。西野ガンバは「研究されてもあまり気にせず、自分たちのスタイルを貫くところがあった」(橋本英郎)ゆえに守備陣のアドリブに頼る部分が大きかったが、終盤に足をつりかけながら危険なシーンで体を投げ出すハッシーのインテリジェンス(試合を読む力)には何度も助けられた。

エリートでないからこそ生き残る術(ポジショニング)を考えた結果、今の立場がある。ハッシーの躍進は逆境がチャンスになる可能性を秘めていることを教えてくれる。ライバルでもあったヤットや明神から学ぶことで成長につなげたというエピソードも同じ文脈で解釈できる。

抽象性が高いサッカーというスポーツにおいて、そこを突き詰め、言語化に成功しているハッシーの本領発揮は実は10年後あたりではないかと密かに予想している。

今野泰幸、大谷秀和の黄金の1年

何名かの分岐点で共通しているのは当時はネガティブに捉えていた時間が数年後にキャリアを発展させ、後から分岐点だと自覚していること。

今ちゃんの分岐点はガンバ移籍前の2009年。FC東京で城福監督からセンターバックにコンバートされたシーズン。ボランチ失格にショックを受けるもセンターバック経験によって日本代表選出や、日本代表でのボランチ・ヤットとの縦関係経験によるプレー幅の広がりなどをもたらしている(勿論、ボランチのまま過ごしていても別のキャリアはあったと思うが)。

柏・大谷選手の分岐点は2008年、23歳でキャプテンに就任した1年。以前、酒井宏樹選手にインタビューをした際、理想のキャプテン像として名前を挙げられていた大谷選手も就任当初は葛藤や迷いがあった。チームが難しい時期に指名された点など三浦弦太と重なる部分がある。偉大なキャプテンに育つ過程では北嶋や南などベテランのサポートや石崎監督の信頼があってこそであったことを知れるのだが、今のガンバでそれはあるのだろうか。

その他、中村俊輔や小笠原満男など日本を代表するレジェンド達も本書では登場。また違った分岐点の解釈があり、サッカー、そして、人生の解釈に新しい視点をもたらしてくれる。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。