福田湧矢、不遇を越えて -大阪ダービー2019-




1-0で迎えた後半アディショナルタイム。自陣でのクリアの流れから疲労を感じさせないスプリントでカウンターを仕掛ける福田湧矢。状況は数的優位の3対2。パスを出せば決定機だった。しかし、彼の選択はシュート。キム・ジンヒョンがキャッチした時、パスを待っていたウィジョは項垂れ、アデは激昂した。

ただ、あそこでシュートを打つ覚悟を持って試合に挑んだからこそ90分間躍動した。自ら判断し、遠慮のないプレーを繰り返す姿は頼もしかった。そして、そうした若手の積極性を盛り立てるパナスタの雰囲気は万博時代からガンバサポーターが持つメンタリティの表れ。緊張感のある前半立ち上がりはワンプレーワンプレーに対して通常より大きな声援を送り、それに応えるかのように縦への勝負を繰り返す彼の姿にクラブの底力がある。

キックオフ直前に声をかけて勇気付けた倉田、水沼との小競り合い時に真っ先に駆けつけて抱きしめた菅沼など、大一番の若手起用でチームとしての一体感が高まった。クラブの総合力で勝ち取った大勝利だ。

倉田の決勝弾に喜ぶガンバイレブン

新時代の幕開け

今シーズン、U-23における福田のプレーを観ていればダービーの活躍は決してサプライズではないのだが、昨シーズンの加入からダービーに至るまでの道は決して平坦ではなかった。

クルピの大抜擢により高卒開幕スタメンという華々しいJリーグデビューはあったものの、その後はU-23で過ごす日々が続く。そこでもスタメンに入れない試合や慣れないポジションでの起用、東福岡高校の先輩・高江からの「パナスタ殴られ事件」も記憶に新しい。

先日、仕事で筑波大学蹴球部の小井土監督を取材した。その際、大学でサッカーをするメリットとして「大学は4年間拘束されるので逃げ場がない。この与えられた環境で自分と向き合って成長せざるを得ない。そこがJリーグとの違いかなとは思います」という言及があったのだが、高卒でプロを選んだ福田も環境に原因を求めず、不遇な時間の中でも自分と向き合えたからこそダービーの躍動があったかと思うと更に感慨深い。モチベーターとしての才を発揮している森下U-23監督の勝利でもある。

【編集後記】大学サッカー育成論 -阿部浩之選手を事例に-

正直に言って試合前は不安がなかった訳ではない。特にユース出身でもない2年目の選手がどこまでダービーの重みを理解してプレー出来るのか。しかし、不安は杞憂に終わる。激しく球際を戦う福田の姿を応援しながら彼が幼い頃からガンバで戦うことを夢見てきたことを思い出した。当時10歳の福田少年は「2分の1成人式」で自分の夢をこう書いたという。

東福岡に入ってガンバ大阪に入団したい

そこから10年が過ぎ、成人となった彼は次にどんな夢を描くのだろう。我々サポーターはいつだってその夢を応援したい。福田湧矢の新章が始まった。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。