千葉ジェッツの試合を初観戦

先日、プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」を初めて生観戦した。試合会場は千葉県船橋市。「千葉ジェッツ」のホームタウンである。Bリーグの中でも屈指の観客動員数を誇る人気チームと聞いていたので、その雰囲気を一度体験したかったのだ。

「千葉ジェッツの奇跡」(島田慎二)

私がガンバ大阪のサポーターであることも影響して、いつからかスポーツ観戦する際は選手よりも「応援する人」に注目する習慣がついた。Bリーグではそういう人達のことを“ブースター”と呼ぶらしい。私と同類であろう彼らが何に熱狂し、どのような応援をしているのかを知ることが観戦テーマだ。

試合会場である船橋アリーナに到着したのは試合開始約1時間前。ここから試合終了までポジティブな意味で息をつく暇がなかった。常に観客を楽しませる演出が用意されていた。

まず始まったのは「オープニングショー」。アリーナの照明が落とされ、派手な音楽とレーザービームが会場の雰囲気を盛り上げる。イケイケなDJやセクシーなチアリーダーが「もっと盛り上がれ」と煽る。まるで六本木のクラブのような雰囲気だが、間違いなくここは船橋。客層的に子連れの家族も多かったが、教育的に大丈夫なのか心配になる。さらに音響や照明の演出だけでは事足りず、炎まで炊きはじめるではないか。消防法的には大丈夫なのか。予算オーバーではないのか。そんな懸念をよそに、隣に座っているママ友軍団はチームカラーである赤のペンライトを楽しそうに振っていた。

派手な演出で盛り上げる

30分後、スターティングメンバーを紹介するセレモニーでは流行りのプロジェクションマッピングも駆使された。高揚感を生む映像の演出はアリーナスポーツとの親和性も高く、試合直前にぴったりだ。

そして、いよいよ選手入場。勢いよく噴射されたスモークの中から出てきたのは選手……ではなくサンタクロース!? 私が観戦した時期がクリスマスに近かったこともあり、選手が仮装をしていたのだ。ここまで演出が強いと自分が観ているのはスポーツなのか何なのか分からなくなってくる。私が知っている試合直前の雰囲気は「もっと声出せー!」「豚野郎をいわしてまえ!」といった激しい言葉が飛び交う殺伐としたものだから。

サポーター間では試合に行くことを“参戦する”とよく表現するが、その背景には試合観戦=戦いという意識がある。ストイックさが求められる体育会系の空気感。ブースターは違う。誰しもが純粋にエンタテイメントとして“楽しんでいる”。無論、その違いに優劣はないが、新規のファンを取り込む上でBリーグの敷居の低さは人気が拡大するポテンシャルを秘めているように感じた。

演出が生み出すアリーナの一体感

試合が始まっても演出は続いた。攻守それぞれの時間に適当が音楽がかかり、ビジョンには掛け声を促す「GO!JETS!!」(攻撃時)と「DEFENSE!」(守備時)の文字が表示される。個人的にスポーツ観戦の最大の魅力は「一体感」だと考えている。Bリーグは応援の形がシンプルなので、(一部の応援席だけではなく)アリーナ全体でそれを実現できるのが素晴らしい。チャントに代表される自発的な応援文化が根付いているサポーター的には、チームが誘導する応援スタイルに違和感を覚えないこともないのだが、それで熱狂を生み出しているのだから否定する理由はない。繰り返されるホームチームへの声援は試合開始から終了までの約2時間、一度も声量が落ちることなく続けられた。

印象的だったのはタイムアウトやハーフタイム時のイベントを相手チームのブースターも一緒に楽しんでいたことだ。チアリーダーやマスコットキャラクターも、応援しているチームに関わらず観客と接していた。これもJリーグではあまり見られない光景である。相手のファールや審判の微妙な判定にブーイングが飛ぶこともなく、試合終了後には両チームに拍手が送られる。このフレンドリーさも千葉ジェッツが人気である要因の一つだろう。

アリーナの一体感が素晴らしい

ブースターの応援スタイル

サッカーのスタジアムと比較して人口密度が濃いアリーナはブースターの声援が直接的にプレーに影響をもたらしやすく、一体感を生む演出=勝たせる戦術になっているように感じた。“戦っている”という意識ではなく、純粋に楽しんでいるように見えるブースターだが、この応援スタイルがもたらす試合への効果についてはどのように考えているのだろう。無意識の産物か、はたまたチーム側はそこまで意識して演出しているのか。マッチデープログラムやペンライト等のグッズを使った応援方法も含め、新しいプロスポーツの応援の在り方はどれも興味をそそられるものばかりであった。

Jリーグでは過去「サポーター」や「応援スタイル」が何度も批判されつつ、時代に合わせて進化してきた。今後、Bリーグやブースターがどのような変化の道を歩むのか。楽しみである。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”をコンセプトにJリーグやガンバ大阪に関する雑記、全国のラーメン食レポなどを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転職。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime