アウェイの洗礼 -ACL遠征のすすめ-

「アウェイの洗礼」が好きだ。

敵地で待遇差別や嫌がらせを受けたい。できればペットボトルも投げられたい。そうした逆境への反発心から試合に挑む興奮度が高まり、相手の敵対心によって自分が何者なのか、アイデンティティを再確認できる。そして、なにより明確な敵の存在でサポーター活動最大の楽しみだと考える“一体感”がゴール裏に生まれるのが嬉しいのだ。

しかし、現実は「アウェイの“歓迎”」ばかりである。敵地でタクシーに乗れば運転手からは「うちは弱いから今日は負けるよ」と気を遣われ、飲食店に入れば「遠いところからよく来たねぇ」と地元客以上のサービスを受ける。……物足りない。

スタジアムに設置されていたウエルカムボード

おもてなしの国である日本では「アウェイの洗礼」は期待できない以上、海を渡るしか選択肢はなかった。サッカーとナショナリズムは結びつきやすい。特に中国、韓国。反日感情がスタジアムで爆発している映像を報道で何度も見聞きしていた。初めてACLアウェイに遠征する前の興奮は今でも忘れていない。クラブや旅行代理店から届く試合前の煽り(連絡)が最高なのだ。

「危険なのでユニホーム姿では街を歩かないでください」

「応援グッズは事前申請制で現地公安のチェックを受ける事になります」

ワクワクドキドキ。念願の「アウェイの洗礼」は目前……そのはずだった。

ACL韓国遠征で食べたサムギョプサル

「コレ、ニホンゴノメニュー」

カタコトの日本語で私に話かけてくるのは敵地・韓国での飲食店店員だ。異国で勝手が分からない私達をフォローするため頻繁に席に来ては世話をしてくれた。中国のスタジアムでは多数の公安に囲まれながらの応援となり、傍から見れば物々しいのだが、実態は彼らにカメラを向けるとピースサインで応えてくれるようなフレンドリーさがあった。ナショナリズムとは何なのか。反日感情とは何なのか。海外にも「アウェイの洗礼」には存在しなかった。それぞれの国に対する先入観を恥じた。彼らが日本に来る時があれば、最高の「アウェイの“歓迎”」を提供してあげたい。

ソウルのスタジアムにて

数年前、反日の象徴として韓国のスタジアムで「安重根」や「李舜臣」の横断幕が掲げられた事件は大々的に報じられた事で「韓国=反日」の印象がサポーターには強く残っているかもしれない。ただ、日本で旭日旗を振るサポーターがマイノリティであるように、一つの事件や報道でその国や地域を捉えるのは相手を理解する上で非常に危うい事だと感じている。

そして、理解した。「アウェイの“洗礼”」への道は険しい。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”をコンセプトにJリーグやガンバ大阪に関する雑記、全国のラーメン食レポなどを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転職。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime