「スポーツビジネスの教科書 常識の超え方 35歳球団社長の経営メソッド」(池田純)

Jリーグ特任理事などを務める池田純氏が横浜DeNAベイスターズ社長時代を振り返った一冊。「横浜スタジアムのTOB」をはじめとする、当時話題になった経営手法の裏側が解説されている。近年読んだスポーツビジネス書では一番面白かった。

書籍概要

書籍名:スポーツビジネスの教科書 常識の超え方

著者:池田純(横浜DeNAベイスターズ前球団社長)

発行:株式会社文藝春秋

価格:1,500円(税別)

詳細はこちら

基本戦術

ベイスターズの“基本戦術”を設定した経緯について紹介されている章が最初の読みどころ。サッカー界ではFC今治の「岡田メソッド」が有名だが、“型をつくる”重要性が紹介されている。選手の獲得や評価もその型があることによって基準が明確になり、活動に継続性が生まれるという考え方。型を通じて得られたチーム内の共通認識が、組織を変えたエピソードはスポーツ界以外でも参考にできる部分が多い。フロントの現場介入という、業界的にはタブー視されていたことによって改革が行われていた事実も新鮮。

仕組みやルールで組織を統率、マネジメントするのも球団経営におけるチームとの関わり方の1つの手法なのです

イベントのブランド化

お客さんとしても実感があるが、集客面の強化がチーム(競技面)の後押しになるのは紛れもない事実。この点において、池田氏のメソッドは「イベントのブランド化」である。女性ファンをターゲットとした『YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL』(限定ユニホームのプレゼント等)など、季節毎に開催されるイベントを恒例化するこによって認知度を高める(≒来場意欲を促進する)というアプローチ。試合数が少ないJリーグこそ真似できそうな気もする。

書籍の最終章で池田氏はこう語る。

スポーツビジネスにおいて「コミュニケーション」は本当に大切です。(中略)盛り上げなくてはいけないのです。ストーリーと感動があることが大切なのです。

プロスポーツのエンタメ化の重要性はベイスターズが証明した。池田純氏のような常識に囚われないスポーツビジネスマンが増えれば、日本のスポーツの楽しみ方はきっともっと多様化するのだろう。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”をコンセプトにJリーグやガンバ大阪に関する雑記、全国のラーメン食レポなどを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転職。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime