「プロスポーツビジネス 私たちの成功事例」(上野直彦/野口学)




スポーツビジネス界のトップランナー9人が自身のスポーツビジネスにおけるキャリアや仕事論を語る一冊。クラブ経営、放送権ビジネス、スポーツデータリサーチ……多様な仕事論が詰まっている。面白かったのはスポーツファシリティ研究所代表・上林功氏と、JTBに所属する倉田知己氏の章。

前者は「スタジアム論」、後者は「スポーツツーリズム論」。共にこれから日本のスポーツ界にとって大きな役割を果たすであろうジャンルである。

書籍概要

書籍名:プロスポーツビジネス 私たちの成功事例

構成者:上野直彦/野口学

発行:東邦出版株式会社

価格:1,500円(税別)

詳細はこちら

スタジアム論

倉田氏は良いスタジアムの条件として「遊環構造の7原則」を挙げる。例えば「循環に広場が取り付いていること」。マツダスタジアムのバーベキューができる席や“寝ソベリア”はこの原則に基づいて建築されている。スタジアムは単純にスポーツを観る以外の役割を果たすべきであることを重要視しているが、この考えはかなり日本でも浸透してきている。

先日、参加した宇都宮徹壱氏のイベントで専用スタジアム建設に反対の方による「スタジアムを建設する何十億円という金で老人ホームが何個も建築できる」という発言が印象に残っている。スタジアムが地域にとってどれだけ必要な投資なのか。複合型スタジアムは近年のトレンドだが、地域のためにサッカー以外の有効活用は今後もっと議論されるべきだ。サッカー関係者以外のステークホルダーに満足してもらえてこそスタジアム文化は発展するのだから。

スポーツツーリズム論

我々サポーターには馴染みの深い「スポーツツーリズム」。応援がメインながら、静岡に遠征すれば「さわやか」の行列に並ぶし、甲府に遠征すれば「小作」を食べずにはいられない。スポーツ観戦を観光とセットにすることでスポーツツーリズムの価値が高まる。そうした付加価値の重要性が2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピックを控える中で見直されている。スポーツビジネスにおいてコントロールが不可能な勝敗以外の充実を図ることは当然のアプローチだ。

本書内ではスポーツ観戦で訪日した外国人観光客は「トレッキング」などアクティブな体験を求める声が多いデータが紹介されている。日本には他国が羨む魅力がまだ眠っているようで、自然の中を走るマラソン大会やサイクルロードレースは日本スポーツツーリズムの十八番となる可能性を秘めていると本書を読んで感じた。

完全にマンネリ化しているJリーグアウェイ遠征に置き換えても同じことは言える。試合観戦を軸とした一日(数日)のトータルプランの提案が求められている。そのアプローチを通じてアウェイサポーターの集客増を図り、地域貢献にもつなげる。地域密着を掲げるJリーグクラブこそ考える価値のあるテーマだろう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。