「過剰戦力」のマネジメント -補強がもたらす光と影-

「過剰戦力(戦力過剰)」という言葉。割とよく使われている印象がある。最近のガンバ大阪に対しても然り。ただ、よく考えると不思議だ。18節終了時点で14位のクラブ戦力が過剰であるはずがないのだから。戦力不足だから弱い。そう考える方が自然だろう。そもそも戦力が過剰で何が問題なのだろうか。強いに越したことはないはずだ。

「過剰」が差す対象は人数である。人が多すぎることで発生する問題がある。例えばFWの陣容。ウィジョ、アデ、千真、食野、(敬斗)。ここに復帰加入した宇佐美を主力として計算すると、前述した選手のうち数名は出場機会がかなり限定されるうことが予想される。伸び盛りの食野に出場経験を積ませられないことの是非などは、サポーター間でもよく語られている論点である。

「(選手の)タイプが違う」「ルヴァンカップ・天皇杯要員」「怪我人が出た時のリスクマネジメント」など、選択肢(選手)を多く持つ長所はもちろんある。プロのサッカークラブとして結果が最優先される以上、犠牲はつきものだ。その上で過剰戦力の問題点を日本が世界に誇る美徳「もったいない(MOTTAINAI)」から考えてみる。

MOTTAINAI① 「実力を発揮できる場がないのはもったいない」

V・ファーレン長崎にレンタル移籍をした途端、7試合連続ゴールを決めた呉屋選手。環境次第では活躍できる実力があったことを証明した訳だが、ガンバに残っていればベンチ入りすら難しい立場だった。同じようなポテンシャルを秘めた選手はガンバに多く在籍している。ガンバで出場機会がないまま過ごすのか、他クラブに移籍して実力を証明するのか。現役として働ける時間が限られている選手の幸せを考えると、試合に出場できないクラブに留まり続けるよりも、外に出た方がキャリアの可能性が広がるのは間違いない。

MOTTAINAI② 「(使わないなら)高い年俸の選手を所属させるのはもったない」

お金(費用対効果)の話。ピッチで活躍(起用)する可能性が低い高年俸選手……つまり、ベテラン選手の扱いは経営上考慮せざるをえない。ここ数試合のガンバはスタメンの急激な若返りを図ったことにより、ベテラン選手達がベンチ(外)という状況が起きている。「ピッチ外の貢献」「過去の功労」「この先に彼らの力が必要に……」などの意見を否定する訳ではないが、出場機会がないベテラン選手が多く在籍する編成を正常だとは思わない。

過剰戦力組織内でのモチベーション。そして、マネジメント

チーム内の熾烈なレギュラー争いで急成長した選手の事例は実はさほど多くない。戦いに敗れた者は去る。立場が人を育てる側面は強く、多くの選手は出場機会に比例して成長するので、レギュラーではない選手との差は広がる。だからこそ、不遇の時代を越えて活躍するジェソクのような存在は特別視される。

選手達が日々厳しい競争にさられる一方で、2度も移籍金を払って買い戻してもらえる宇佐美貴史のような特別な選手もいる。サポーターとしては復帰は大歓迎なのだが、同じポジションの選手にとっては(会社組織に例えれば)出世目前で急に“上がつかえる”状態になるようなもの。ポストには限りがある。

私が食野の立場であれば「ガンバ倒産しろや、クソが!!セレッソに移籍してダービーでボコボコしたろか」と、クラブに不信感を抱くだろう。もしかしたら、怒りに任せて宇佐美の上靴を隠すかもしれない。ただ、食野は(私と違って)素晴らしいメンタリティを持っていたので、宇佐美の復帰について「楽しみです。アカデミーの選手で、憧れの目線で見ていた。一緒にやれるのは光栄」と立派なコメントを残している。実に頼もしい選手だ。

昨年の前半戦を総括する記事でも似たようなことを書いているのだが、チームの一体感が成績(ピッチ上のパフォーマンス)に影響を与えるのは、経験則的にも多くの選手やチーム関係者が理解している中で、一体感が生まれにくい大所帯のチーム編成がもたらすデメリットは昨シーズン以上に表面化しているように感じる。元ガンバ大阪のコーチで現在は筑波大学蹴球部監督を務める小井土正亮氏は「一人一役」という筑波大学の伝統を利用し、部員一人一人に役割を与えることで、同じく大所帯である同蹴球部をマネジメントしていると語っていたが、ガンバ大阪の試合に出ていない選手達には何か役割を見つけられているのだろうか。

矢島慎也や柿谷曜一朗の去就に想う“一体感”のつくり方 -ガンバ大阪2018シーズン前半戦総括-

クラブの幸せは所属する選手の幸せには必ずしもつながらない。全員が幸せになれる環境など存在しないのだ。常に誰かが犠牲になる。組織マネジメントの難しさを痛感する2019シーズンの前半戦だった。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime