ヨコハマ・フットボール映画祭に行ってきた。毎年、Jリーグ開幕前の恒例イベントとして楽しみにしている。参加するのは今年で3~4回目だと記憶しているが、年々規模が大きくなっている。単純にサッカーの映画を上映するだけじゃない開催意義にも惹かれている。

サッカー文化に多様性を

まずは、ヨコハマ・フットボール映画祭の公式HPを読んで頂きたい。映画を楽しんでもらうことをきっかけに、サッカーの力(媒体力)を駆使しつつ様々なアプローチが行われている。今年の場合は「被災地支援」や「パラスポーツ(障がい者スポーツ)への理解」がテーマの1つになっているのだろう。フットボール映画祭から発信することで伝わるメッセージがある。

同様に多様性が表れていたのが「物販」。サッカーにおける「同人誌」が販売されていた。要はファンによるマニアックなアウトプットである。名物サポーター密着映像やスタグルのレシピ本……万人受けはしないであろうがクオリティはプロと遜色ない。圧倒的な熱量も感じる。このようなアウトプットの数が増えることで日本のサッカー文化は成熟すると感じる。多様性を認めあえる文化は強い。

イベントを通じて相互理解を深めるアプローチは≪蛸壷化≫が叫ばれて久しいJリーグ(日本サッカー)にとって重要なはず。サッカーの楽しみ方は多様であるべき。最近はオンザピッチもオフザピッチも価値観が偏り過ぎているきらいがある。Jクラブのオフィシャルマスコットではないカエルの一平くんのようなキャラクターが人気者になれる日本サッカー界には多様性を受け入れるポテンシャルはあるはずだ。

一平くん




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。