長谷川健太を敵に -FC東京戦-




今シーズンより新体制となったガンバ大阪だが、新しくなったのは監督だけではない。時を同じくしてサポーターの応援をリードする「コールリーダー」も新任された。私はこのジャンルは興味がないし、内情も詳しくないだが、見聞きする限りアンチも多いようだ。「このタイミングでそのチャントは違う」「前任に戻してほしい」等々の声をスタジアムで聞くと、コールリーダーには同情する。人をまとめるのは難しい。

この状況を改善するために必要なものは何か。てっとり早いのは共通の敵を作ることだろう。普段は相容れない者同士が仲間になるために必要なものだ。そして、その敵は長谷川健太前監督だ。

長谷川健太前監督(幼少期)

長谷川健太前監督に恨みはないけれど

ただ、敵とみなす理由は実は少ない。降格時からチームを立て直しを図り、3冠獲得まで至った功労者である。大森と違って自らの意思でなくガンバ側の意思によって退団となっている経緯も考えれば今節ブーイングが出たことに違和感を覚える人がいてもおかしくない。

「直近数シーズンの低迷の主犯」として長谷川健太監督への不満はあったし、「(フロントには)早く辞めさせろ」と強く願ってはいたが、もう“ガンバと関係ない人”となった今は特に何も思わない。「THE PAGE」の長谷川健太インタビューにおける“無気力発言”あたりが直近の火種だろうが、逆の立場で考えればガンバTVにおけるヤットの「魅力のあるチームに戻したい」発言に健太前監督が怒りを覚えている可能性はあり、お互い様だ。擁護するつもりはないが、同情する余地はある。そのあたりの詳細は昨シーズン書いた下記2記事を参照されたい。

スケープゴート -“ガンバらしさ”を失った原因-

去り際の美学 -長谷川健太監督のスピーチによせて-

FC東京との対戦を終えた今、前監督の呪縛からは解放されよう。今向き合う対象はクルピだ。改善されない立ち上がりの失点を「集中力」と分析し、中盤のバランス修正は新加入選手に委ねる……そろそろ求心力も落ちてくるのではないか。そして、その状態に陥ったチームに待っているものは……。若手の起用だけではチームは成熟しない。今必要なのは勝利だ。

私は長谷川健太前監督ではなく、クルピにブーイングをしたい。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

一日中サッカーのことばかり考えているダメサラリーマン。東京在住の30代男性。衛星放送の会社に勤務しつつ、大学院でスポーツを勉強中。アウェイ遠征時は御朱印をもらってからスタジアムへ。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライス。