六本木ミッドタウンで開催された「ブラインドサッカー」のセミナーに参加した。セミナーの講師は日本ブラインドサッカー協会理事長の釜本美佐子さん。ガンバ大阪初代監督である釜本邦茂氏の実のお姉さん。釜本美佐子さんは病気により視力を少しずつ失っていく中で視覚障害者グループと縁ができたことをきっかけに日本ブラインドサッカー協会理事長へのオファーがあり、現在の立場に至るという経歴。現在はほぼ視力を失われ、見える世界は「真っ白な状態」。

ブライドサッカー普及への道のり

日本におけるブラインドサッカーはまだ草創期。まずはプレーヤーの人口を増やしていく事が当面の課題とのこと。ただ、視覚障害者は引きこもりがちになってしまうらしく苦戦中。背景には視覚障害者の両親や先生などが過保護に接してしまう(運動する事に対してストップをかけてしまう)ことがあるのだという。

このような話を聞くと、東京パラリンピックにむけて障がい者スポーツに興味を持つ方を増やす事は大きな課題だと思う一方で、本当のゴールは「観るスポーツ」としての成功ではなく「するスポーツ」としての人口をどれだけ増やせるかじゃないだろうかと思えてくる。あるブラインドサッカー選手が発した「ピッチの中には自由がある」という言葉はとても印象的。ブラインドサッカーをプレーする事で救われた人生があり、見えてくる新しい世界がある。スポーツをプレーする喜びに健常者と障がい者の違いはないのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”をコンセプトにJリーグやガンバ大阪に関する雑記、全国のラーメン食レポなどを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転職。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime