サッカーという「媒体」が持つ発信力・影響力について。

例えば、2014年ワールドカップがブラジルで開催されなければ、同国の治安の悪さや、貧富の差、教育・医療問題を考える機会はもっと少なかった。オシムが日本代表監督に就任しなかったら、ボスニアの内戦を考えることはなかった。サッカーを通じてこれらの社会問題を自分事にすることができた。

ブラインドサッカーが社会の意識を変える

ブラインドサッカーの国際大会が再び日本で開催される。昨年開催時は日テレをはじめとする各種メディアの露出効果もあって会場は満席。有料の障がい者スポーツイベントとしては異例の事だったらしいが、集客以上に素晴らしいと思ったのは同スポーツを観た観客や視聴者の感想である。

「目が見えていないのにボールを蹴れて凄い」

「同情」の対象として見られがちな障害者が「尊敬」の対象として見られていたことに意味がある。2020年に東京パラリンピック開催が決まった事で「ダイバーシティ社会」や「心のバリアフリー」といった言葉をよく耳にするが、同情の心を基盤としてこれらを実現するのは難しい。必要なのは認めること。サッカーがそれに貢献できているのは一人のサッカーファンとして嬉しい限り。

社会の意識を変えるにはきっかけが必要だ。以前参加したセミナーでは今では当たり前に重要視されるようになった「エコ」という価値観は『京都議定書』がきっかけになった事例が紹介されていたが、ブラインドサッカーがその役割を果たすかもしれない。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

一日中サッカーのことばかり考えているダメサラリーマン。東京在住の30代男性。衛星放送の会社に勤務しつつ、大学院でスポーツを勉強中。アウェイ遠征時は御朱印をもらってからスタジアムへ。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライス。