広州恒大サポーターに囲まれながら

広州恒大を生で観るため日立台へ。まったり観戦のつもりで購入したビジター指定席は広州恒大サポーターで占領されていた。そこは中国人。私の席にも赤いユニホームのおばさんが当然のように座っていた。完全アウェイで自分の席を主張する勇気はなく、90分間立ち見。この日、日立台に私の居場所はなかった。

アウェイ側入口では関係者が広州恒大ユニホームを無料配布。さすがに宗教上の問題からスタジアム内では着なかったが、パジャマくらいにはしてやろうと思っている。意外に肌触りも良い。このユニホーム無料配布効果で一定数の日本人が赤く染まっていたことも記録しておく。彼らは金で選手だけでなく、サポーターも買えてしまう。

日立台ビジター席を占領

本物の広州恒大サポーターはいたのか

この日、本物の広州恒大サポーターは少なかった。赤いユニホームを着た中国人は日本語も話している方も多く、留学生や日本在住中国人が動員されたことは安易に想像ができた。私の前に座っていた若者は試合中にずっとスマホゲームをしていたし、試合よりも食事に夢中である人も多かった。ボールが相手陣内に運ばれるだけで大声援。明らかにサッカーを知らない層の応援だ。期待していたのは反日感情溢れる激しい応援とブーイングだったのだが。

ガンバのACLもいよいよ再開。相手は全北現代。柏には悪いが勝ち上がって広州恒大と対戦したい。アウェイの地・中国に遠征して、今度こそ本物の広州恒大サポーターを対峙してみたい。席を取られた恨みは広州で晴らす。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。