広州恒大サポーターに囲まれながら

広州恒大を一度生で観たく日立台を訪れた。まったり観戦のつもりで購入したビジター指定席は広州恒大サポーターで埋められていた。「この中で観戦するのか……」と、気がひけたものの、一応席に向かってみたが当然のように占領されていた。チケット発売日に即確保したので良席だったのだが。結果、90分間立ち見。ホーム側もアウェイ、アウェイ側もアウェイ。この日、日立台に私の居場所はなかった。

ちなみに、アウェイ側では広州恒大関係者がユニホームを無料配布。宗教上の問題があり、スタジアム内では着なかったが、パジャマくらいにはしてやろうと思っている。意外に肌触りの良い生地を使っている。このユニホーム無料配布効果で一定数の日本人が買収されていたこともここに記録しておく。彼らは金で選手だけでなく、サポーターも買えてしまうのだ。

日立台ビジター席を占領

本物の広州恒大サポーターはいたのか

この日、本物の広州恒大サポーターは少なかった。赤いユニホームを着た中国人は日本語も話しており、留学生や日本在住中国人中心ではないだろうか。私の近くにした若者は試合中にずっとスマホゲームをしていたし、試合よりも食事に夢中であるおばちゃんも多かった。ボールが相手陣内に転がればノーチャンスでも声援。ミスにも大声援。彼らは一体誰だったのだろう。反日全開の応援を観られるのかと期待したのだが。

そして、ガンバのACLもいよいよ再開。相手は全北現代。柏には悪いが勝ち上がって広州恒大と対戦したい。アウェイの地に遠征に行って今度は本物の広州恒大サポーターに罵声を浴びせられながらガンバを応援したい。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

基本的にサッカーのことばかり考えているダメサラリーマン。大阪出身の30代男性。ハンドルネームが全く浸透せず「ロスタイムさん」「ロス7さん」などと呼ばれがち。健康のために炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライス。