小井土正亮(筑波大学蹴球部監督/元ガンバ大阪コーチ)氏の言葉から考えるチームマネジメント




フットサル日本代表監督ブルーノ・ガルシア氏はある講演会でパフォーマンスの定義を「タレント×モチベーションの結果」と語った。特に「モチベーション」を重要視しており、タレントの差はモチベーションでカバーできる、と。

ただ、そのモチベーションをマネジメントする術は語られていない。「フットサルに人生を捧げている奴が私のチームには必要だ」「時には狂気的な野心が求められる」と強い言葉を聞けば聞くほど、そのレベルのモチベーションは後天的な性質ではなく、もはやタレントの一部ではないかという疑問が生まれた。

そうした懸念へのアンサーとして元ガンバ大阪アシスタントコーチで現在は筑波大学蹴球部の監督を務める小井土正亮氏のチームマネジメントは興味深い。「一人一役」という筑波大学の伝統をブラッシュアップさせる形で150名以上が在籍する蹴球部の組織体制を整理。「プロモーションチーム」「パフォーマンス局」など12のセクションを設け、更に各セクション内でも“ファンクラブ”“ビデオエディット”など担当を細分化した。部員全員に明確な役割を持たせることで人数のパワーをチームに反映できると共に、試合への出場機会がない選手もチームへの貢献を実感できることは大きな意義がある。

モチベーションマネジメントの肝は“信頼を示す”ことだと考えている。責任あるミッションを任せることで相手はその決断を粋に感じ、任せてくれた相手や組織のために貢献する意識が芽生える。やらされている意識がないアクションには自主性が芽生え、それはオリジナリティとなり、組織に多様性を与えるだろう。成長を促すという側面でも重要なアプローチで、そこからは小井土氏が大学教授としての顔も垣間見ることができる。そもそも監督を意味する「COACH」は四輪馬車が語源。つまり、乗客を目的地まで運ぶのが役割であり、運転手が目的地を決めることはできないのである。

ガンバ大阪のマネジメント

自主性を促すアプローチを「コーチング」、戦術の実践を求めるアプローチを「ティーチング」と雑に定義する場合、歴代のガンバ大阪監督には両方のタイプが存在する。極端に優秀な選手が揃っていたという背景は考慮すべきではあるが西野監督は前者のマネジメントをしていたし、どのチームでもしっかりとした守備組織を整備する長谷川監督は後者のタイプだった。クルピは基本的に前者なはずだが、傍からは何もしていない様にも見え、どちらにも属さないかもしれない。

自由なんていらない -クルピ流チームマネジメントについて-

長谷川健太を敵に -FC東京戦-

では、宮本恒靖監督はどうか。

選手のコメントから推測するに、スクランブル登板した2018シーズンは“無”であったピッチ上の規律を「ティーチング」で整理するアプローチだった。残留のためにはその選択肢しかなかったともいえ、そのアプローチが選手からの求心力を高める結果になった。では、時間を与えられた今シーズンのマネジメントは……。

宮本恒靖、新時代ヒーロー論 -2018シーズン総括-

小井土氏は筑波大学蹴球部の自主性を尊重するマネジメントについて「自分で考えることができる筑波大学の学生に対してだからこそできること」と語る。ガンバで成功した西野監督のマネジメントが名古屋や神戸では成功しなかったように、チームとの相性は存在し、正解がある類のものでもない。タイミングもある。つまり、必ずしも「コーチングが正」とも言い切れない難しさがある。

勝負の2019シーズンを戦う宮本監督

知識も経験も求心力もある状態である宮本監督が選手達をどう捉え、どのように働きかけていくのか。今シーズンもメディア情報の行間を読みながら注目したい。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。