「麺屋ほぃ」(パナソニックスタジアム吹田)




Jリーグ遠征をする日は朝食を抜く。「せっかくだから向こうでご飯を食べたい」という心理が働き、現地に着いた時にはお腹ペコペコだ。すぐ食べたい。大阪の場合、玄関口は「新大阪」と「伊丹空港」の二択。グルメ激戦区の前者に比べて伊丹エリアは物足りないと思っているサポーターは多いのではないだろうか。今回はそんな方におススメしたいお店。

お店紹介

外観

店名:麺屋ほぃ

住所:大阪府豊中市蛍池東町3-1-3

営業時間:11:00~24:00

HPはこちら

伊丹空港からモノレールで1駅「蛍池駅」から徒歩数分の場所に立地。乗車料金が高い大阪モノレールを乗り降りすることになるので「ガンバ大阪 1day乗車券」がおススメ。メニューは「鶏白湯」「お魚清湯」「まぜそば」の3ジャンルが軸でどれも美味しい。店内はカウンターのみ。お昼時は混雑するが最長でも20分程度の待ち時間。

食べるべき一品①:「濃厚鶏白湯ラーメン」(850円)

濃厚鶏白湯ラーメン

最近よく見かける低温調理のチャーシューと細長いメンマのビジュアルが印象的。最大の特徴は“超濃厚”なスープで、少しとろみがあり鶏の旨みが麺によく絡まって味を堪能できる。濃厚ながら意外に後味はさほど残らない。ちょっとピリ辛なので白米とも相性◎。スープは無化調らしいが、アットホームな店の雰囲気らしいこだわり。寒い季節に食べたいラーメン。

濃厚さが苦手な方は「鶏白湯ラーメン(しょうゆ)」(700円)もおススメ。

食べるべき一品②:「ほぃの肉盛りまぜそば(ライスダイブ付き)」(950円)

ほぃの肉盛りまぜそば(ライスダイブ付き)

人気No.1メニュー。ラーメン(まぜそば)なのか肉料理なのか分からないビジュアル。ローストビーフ、豚チャーチュー、肉そぼろ、水菜、白ネギ、たまねぎと具材が盛りだくさん。混ぜても肉の圧倒的存在感は変わらない。肉だけ食べても、麺と一緒に食べても美味しい。案外ペロリと食べられる味付けなので夏バテ防止メニューとしても使える。途中から香醋を入れて味を変えるのがお店のレコメンド。最後は白米をダイブさせて混ぜて〆る。満足度100点満点のメニュー。

ちなみに、「まぜそば」も別タイプが準備されている。「ほぃのまぜそば(ライスダイブ付き)」(800円)は肉そぼろ、大葉、みょうが、白ネギ、しば漬け、たくあん、半熟たまごのトッピング。食感が面白く、半熟たまごのパワーでよりマイルド。2018年からは新メニューの「四川風旨辛マーラーまぜそば」(850円)も登場。山椒が効いた痺れる辛さで食べた後は汗だく必至。麻辣好きの方は是非。

おススメ度:8.5点/10点満点

伊丹空港エリアの救世主。全メニューハイレベルなので何度も訪ねたくなるお店。季節ごとに注文するメニューを変える楽しみ方もできる。営業時間的にデーゲームでもナイトゲームでも利用可能。店内でかかっているFM802を聞くと大阪に帰ってきた感も味わえる。レジに置いてある飴は持ち帰り無料。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

一日中サッカーのことばかり考えているダメサラリーマン。東京在住の30代男性。衛星放送の会社に勤務しつつ、大学院でスポーツを勉強中。アウェイ遠征時は御朱印をもらってからスタジアムへ。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライス。