「デンスケ」(パナソニックスタジアム吹田)

長谷川健太元ガンバ大阪監督が某グルメサイトで常連を公言し、ガンバサポーター内での知名度を上げたホルモン屋さん。パナソニックスタジアムから徒歩5分の立地もあり、試合後はガンバサポーターで占領される。

スケープゴート -ガンバらしさを失った原因は本当に長谷川健太監督にあるのか-

お店紹介

店名:デンスケ

住所:大阪府吹田市樫切山18-8 第2清涼マンション104

営業時間:(18時~売り切れ次第終了) ※土.日.祝のみ17時~予約可

HPはこちら

デンスケ外観

メニュー(2021年12月)

何のお店か分からない外観が特徴。内装はおしゃれなガレージ風。店員さんは元気があり、店内の活気がある店。予約なしでの入店は難しく、週末は2時間制となることが多い。メニューはホルモン中心。コスパも高く、男女4名で飲み食いして1人3000円程度。最寄り駅はモノレール万博記念公園駅だが、店の近くにはバス停もあり、それに乗ってJR千里丘駅にも移動可能。

食べるべき一品:「脂シマ腸」(980円)

脂シマ腸

脂が多いので炎に注意

脂の旨味で白米が進む

こんなに大きなシマ腸は見たことがなかった。一口で食べきるのが困難なほど。肉を口に入れた瞬間に広がる脂汁(肉汁)は圧倒的。一切れで白米1杯はいける。最高レベルのホルモンのプリプリ感。肉をカットするハサミを置いてくれているサービスも嬉しい。

ホルモン以外のメニューも味・ボリュームともに大満足。焼肉だけではなく、モツ鍋も堪能できる点はホルモン屋さんならでは。「ホルモン盛り合わせ」は脂身の量を小(100円)中(200円)大(300円)の中から選ぶことができる珍しいシステム。脂好きは全員集合!

ド迫力のホルモン盛り合わせ(大)

ホルモン盛り合わせ(中)

タン

ハラミ

分厚いバラ(写真左)

丸腸も脂多めでおススメ

おススメ度:9点/10点満点

スタジアムからのアクセス、味、ボリューム、コスパ……どれをとっても文句なし。ガンバの選手も通う地元から愛された店。ボリューム的に1~2名で行くよりも、皆でワイワイやりながら沢山注文するのが楽しい。祝勝会でどうぞ。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
インタビュー記事作成サービスのご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime