「サバ6製麺所」(パナソニックスタジアム吹田)

「鯖」(サバ)。今回紹介するのは、寿司屋ではなくラーメン屋であることを先に記載しておく。魚介系スープは数あれど、サバ節を使用したラーメンは珍しい。カツオ節、昆布、煮干し、アゴ……ラーメンの多様化は楽しい。

「焼きあご塩らー麺 たかはし」(味の素スタジアム)

お店紹介

店名:サバ6製麺所

住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル 1F

営業時間:11:00〜15:00、17:00〜26:00

HPはこちら

西中島南方店 外観

大阪を中心にチェーン展開するラーメン屋。上記写真は西中島南方店(新大阪駅隣)が使いやすい。週末でもさほど混雑しておらず、スムーズに入店可能。セットメニューが豊富。「焼きめし」「天津飯」「卵かけごはん」といった定番ごはんメニューに加え「鯖寿司」がある点が特徴。

食べるべき一品:「サバ醤油そば」(700円)

サバ醤油そば(肉まし)

魚介系スープの店は総じて、つけ麺よりラーメンが美味いことが多い気がする。サバ節を利用したスープは少し甘目の濃い口醤油ベース。麺はコシが強い中太麺。サバ節がどのように効いているのかは正直分からないのだが、中毒性は高い。前述した「鯖寿司」と相性が抜群。

他店舗では海鮮丼も

その他:「サバ濃厚鶏つけ麺」(850円)

つけ麺は小(150g)並(250g)大(350g)を同料金で選択可能。スープはラーメンより濃厚なので、サバ感はこちらの方がある。

まとめ

新大阪/南方エリアはラーメン激戦区。ファーストチョイスの店にはならないだろうが、西中島南方駅から徒歩2分という立地の良さ、混雑しない快適さから保険的に覚えておいて損はない。鯖寿司+ラーメンはSNS映え(ネタ)も。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime