「めっせ熊」(パナソニックスタジアム吹田)

大阪の玄関口・新大阪駅ナカにある人気お好み焼き屋さん。新大阪店の他に梅田、最近は東京進出も果たした。北大阪にありながら、結構コテコテな関西弁での接客が印象的。店内は広く、隣には姉妹店「メッセ熊子」もあるためランチタイムでもさほど並ばない。

お店紹介

めっせ熊

店名:めっせ熊 新大阪店

住所:大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1 JR東海新大阪駅 構内

営業時間:11:00~23:00 ※日曜営業

HPはこちら

新大阪駅ナカB1階に飲食店街「味の小路」にある人気店。以前紹介した「モジャカレー」も近所にある。メニューは「 粉もん」中心。「お好み焼き」「たこ焼き」「ねぎ焼き」「いか焼き」……大阪らしい食事をしたい方におススメ。お得なランチメニュー(16時まで)が人気。大阪のお店なのでご飯(白米)セットがあるのが嬉しい。

食べるべき一品:「ネギおこモダン」(1,280円)

ねぎおこ

看板メニュー。たっぷりの九条ねぎと、甘辛く煮込んだ牛すじを豚玉お好み焼に乗せた一品。「モダン」はそばが加わる。ボリュームたっぷりで、提供時には商品の“高さ”に驚くはず。崩れやすいので注意。特筆すべきは具材のハーモニー。トロトロの牛スジに生卵とネギが混ざって……想像だけでよだれが出てくる。カロリーを気にしない方は自家製マヨをトッピングすれば無双の味を楽しめる。関西人なら一皿で白米が三杯いける。ザ・大阪の味。

おススメトッピングはチーズ

まとめ

自信をもって他県の方におススメできる「大阪の味」。新大阪駅構内という立地や、豊富なメニューもポイントが高し。人気店ながらランチタイムを外せば、さほど並ばない。メニューや調理法が訪問する度に少しずつ変化しているので、さらに美味しくなることを期待したい。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
メディア寄稿実績
DAZN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サッカーブログ「ロスタイムは7分です。」を運営。“サポーター目線”をコンセプトにガンバ大阪やJリーグ、アウェイ遠征先で食べたグルメ(主にラーメン)に関する雑記を配信。関西学院大学社会学部卒業後、スカパー!に10年在籍。筑波大学大学院(スポーツ社会学)を経て、フットボリスタ所属のライター&編集者として活動。他媒体への寄稿も行っている