「春駒」(パナソニックスタジアム吹田)




学生時代、初めて回らないお寿司を食べた想い出の店。以降、バイトの給料が振り込まれると授業帰りに皆で食べに行くことが恒例になった。今でもガンバの試合ついでに梅田エリアに行くことがあれば立ち寄っている。

お店紹介

春駒 外観

店名:春駒

住所:大阪府大阪市北区天神橋5-5-2

営業時間:11:00~22:30 ※ネタが無くなり次第終了

HPはこちら

大阪のお寿司激戦区・天満。“日本一長い商店街”である天神橋筋商店街の一角にある老舗店。リーズナブルに大きくて美味しいネタが食べられるので常に行列が絶えない。近年は外国人観光客の姿も目立つ。天満には2店舗あり、支店の方が比較的入店までの時間は短め。板前さんの人数が多いので回転は早く、お昼のピークを少し外せば30分も待たないことが多い。店内はカウンター&テーブル席の両方あるので1人でも複数人でも楽しめる。メニューはどれも2貫ずつで男性で3000~4000円くらいがあれば満腹になれるコスパの高さ。夜になるとネタ切れが発生するため早めの訪問がおススメ。

食べるべき一品:「サーモン腹」(400円)

サーモン腹

「〇〇腹」という名称のネタが2つあり、それが「サーモン」と「はまち」。「腹」というのは板前さん曰く「脂がよくのっている部位」のことで、「サーモン腹」は“トロサーモン”と呼ぶ店もあるのだとか。サーモン1匹の中でも数%しかとれない希少部位ながら、春駒ではサーモンに+100円という良心価格で提供している。脂が多いネタが好きな人間としては、口の中に入れた際にとけだす脂の旨味が最高。ネタが大きいので味を十分に満喫できる。

おススメ度:7.5点/10点満点

札幌遠征などで寿司を食べない理由はこの店にある。シャリの上に乗っているネタが厚くて大きく、100円台のネタも用意されているコスパの良さが最大の魅力。回転寿司に+1000~1500円で本格的な味を大阪でも味わえる。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。衛星放送会社勤務を経て、筑波大学大学院でスポーツ社会学修士。サッカー専門媒体での執筆活動も行う。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。