「雨ニモマケズ」(味の素フィールド西が丘)

十条エリアで「煮干そば 流。」と人気を争うラーメン屋。同店近所のスタジアムである「西が丘スタジアム」は学生サッカーの聖地であると共に、天皇杯やU-23におけるFC東京戦などで実は訪問頻度が高い。

お店紹介

雨ニモマケズ

店名:雨ニモマケズ

住所:東京都北区上十条3-29-11

営業時間:11:30~15:00/17:00~21:00

HPはこちら

超名店「ほん田」の系列店。最寄りは十条駅で、改札から徒歩5分程度。十条銀座(商店街)を途中で西に少し離れた場所に立地しており、隣には食べログで“うどん百名店”にも選ばれた「讃岐うどん いわい」も。最近は人気も落ち着き、入店待ちの時間はほぼなし。店名は宮沢賢治の詩に由来にしており、店長が宮沢賢治と同じ岩手出身なんだとか。店内はカウンター席のみ10席で、いつも激しい曲調のBGMが流れている。

食べるべき一品:「チャーシュー鶏白湯濃厚つけめん」(1,100円)

鶏白湯濃厚つけ麺

まずは絶品のレアチャーシュー。「ほん田」にも共通するが、30%くらいは肉を楽しみにラーメンを食べに来ていると言っても過言ではない美味しさ。そのまま食べても美味しいが、つけ汁にくぐらせると相乗効果抜群。

そして、鶏白湯のスープは濃厚といいながらも脂っこさは感じず、魚介出汁で風味も豊かになって食べやすい。麺は食べ馴染みのあるとみ田製麺所製の中太麺。舌ざわりと喉越しが素晴らしいちゅるちゅるタイプ。ちゅるちゅるなのに、しっかりスープの味も楽しめるから不思議。

つけ麺以外では準レギュラーメニューである「雨二郎」がおススメ。洗練された二郎系ラーメンといった印象で入門編としてちょうどいい。お腹がペコペコの時に挑戦してみては。

 

おススメ度:5点/10点満点

ラーメン自体は美味しいのだが「ほん田」と比較するとあらゆる部分で劣ってしまう。一番のマイナスは接客が最低レベルであること。食券を出した後に店員から聞き取れない謎の質問。「えっ?」と聞き直してもしばらく無言。そして、不愛想に小声でボソボソ。食べログレビューでも頻繁に出てくるが常連客との世間話の片手間でラーメンを作っている印象も。また、ほん田では実施している大盛を注文したお客様にはつけ汁のおかわりサービスがないのも残念。麺の量を考えればつけ汁はかなり少ない。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”をコンセプトにJリーグやガンバ大阪に関する雑記、全国のラーメン食レポなどを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転職。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime