「日本代表を、生きる。 「6月の軌跡」の20年後を追って」(増島みどり)

1998年フランスワールドカップに出場したサッカー日本代表の選手・スタッフ39名の証言を集めた書籍「6月の軌跡」の続編。コンセプトは「フランスワールドカップの20年後を追う」。中田英寿氏など一部選手を除く、ほぼ全関係者があらためて過去を振り返りつつ、近況について語るインタビューがまとめられている。多くの選手や関係者が、現在も何かしらの形でサッカーに関わり続けており、フランスワールドカップから現在に続く道を知ることは、現在のサッカー界を考える上でも重要な情報だった。

書籍概要

書籍名:日本代表を、生きる。 「6月の軌跡」の20年後を追って

筆者:増島みどり

発行:文藝春秋

価格:1,750円(税別)

詳細はコチラ

20年間続く道

20年という月日によって、選手をはじめとする関係者はフランスワールドカップの日々を冷静に消化し、客観視できるようになっている。本書に登場する人々は、現役選手とは違うサッカーとの距離感で、日本サッカー界にとってターニングポイントとなった経験を糧に、今を生きている。誰も過去に囚われておらず、フランスワールドカップを人生の通過点として解釈し、今を大切にしている姿勢が印象的であった。

その姿勢は、フランスワールドカップのハイライトでもある「カズ、北澤、市川外し」の張本人でもある北澤氏も同じ。自身にとって辛い過去に対しても感傷的にならず、ある種達観視して、当時を振り返っている(具体的な内容を本書でご確認を)。

アミーゴができる国 -ブラジルワールドカップ遠征記-

名波氏はフランスワールドカップがあるからこそ、ジュビロの監督として国際基準で指導できていると語り、岡田氏は監督経験が転機となって、リスクにチャレンジすることにストレスを感じなくなったと語る。繰り返しだが、20年前が“今に繋がっている”ことを当事者の言葉を通じて知れるのはとても興味深い。こうした経験の積み重ねが、サッカー文化を成熟させていくのだろうと感じさる一冊だった。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
インタビュー記事作成サービスのご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime