「日本代表を、生きる。 「6月の軌跡」の20年後を追って」(増島みどり)




1998年フランスワールドカップに出場したサッカー日本代表の選手・スタッフ39名の証言を集めた「6月の軌跡」の続編。「20年後を追う」という面白いコンセプトで、マネジメント会社からNGが出た中田英寿など一部を除くほぼ全関係者に対して改めて過去を振り返りながら現在地についてのインタビューが行われている。

驚かされるのが大半の関係者が何かしらの形で未だにサッカーに関わり続けていること。目次に記載されるリストを見ても、サッカー界におけるネームバリューは健在の方ばかり。ワールドカップ初出場という経験が与えるキャリアへの影響度はやはり大きいのだろう。

アジアカップ観戦と並行して読めば、日本代表として戦うことの意味をサポーターも少し理解できることができるかもしれない。

書籍概要

書籍名:日本代表を、生きる。 「6月の軌跡」の20年後を追って

筆者:増島みどり

発行:文藝春秋

価格:1,750円(税別)

詳細はコチラ

20年前から続く道

一言で総括すれば、初のワールドカップ出場という特別な経験も20年も経てばさすがに消化し、客観視できるんだなということ。ロシアワールドカップ前、4年前の悔しさを語る長友や本田の姿をよく見かけたが、現役選手とは違う距離感でその大きな経験を糧にしている。だからこそ、今取材した言葉の価値を感じるし、誰も過去にすがっていない点にフランスワールドカップの代表が凄いメンバー揃いであったと再評価できる。

印象的なのは、あのワールドカップのハイライトである「カズ・北澤外し」について多くの選手が記憶を鮮明に残している中で、北澤本人が感傷的にならずに「スポーツの一部」「過去を活かす引き出しを作るきっかけ」と達観していたこと。

他にも名波がワールドカップの経験があるからこそ国際基準でジュビロの監督として指導できていることや、岡田武史が代表監督経験で開き直るようになって、そこを転機にリスクにチャレンジするのは苦痛と感じなくなった話など、やはり代表での経験はターニングポイントになっており、それが現在のサッカー界につながっていることを知れる。

こうした積み重ねの先に日本サッカー界の明るい未来が待っていることを期待させる一冊だった。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。