中村敬斗のコメント力 -ルヴァンカップでのプロ初ゴールをうけて-




クルピがよく使う「年齢は関係ない」という発言は、長谷川健太前監督における「攻撃的なサッカーをしたい」と同じではないかと思っている。つまり、建前。実際は世間のイメージ通り若手の成長を見るのが大好きなのではないだろうか。途中交代を悔しがるウィジョや泉澤を握手で迎え入れないクールな一面を見せたおじいちゃんは約20分後、中村敬斗のゴールをスタッフと抱き合って喜んでいた。

若手が大好きなのはサポーターも同じであった。4点目が入った直後のゴール裏は「とんでもない瞬間を目撃してしまった」という興奮と幸福感で溢れた。開幕直後は「中村“君”」だった彼は「敬斗」となっている。もうお客さんではない。完全に戦力なのである。すごい選手がガンバに来たものだ。

中村敬斗@ルヴァンカップ埼玉スタジアム

プロ初ゴールを決めた中村敬斗選手(写真 ©︎キャサリンさん)

コメントから読み解く中村敬斗

プレーもさることながら個人的には彼の「コメント力」に注目している。大黒将志の「そうっすね」、井手口陽介の「なんていうんやろ」を通ってきたガンバサポーター的には17歳であそこまでしっかり話せることに驚きを隠せない。

「シュートを打とうか迷ったんですけど、当たったら嫌だなと思って切り返しました。でも、その時に足を滑らしてしまって、次のプレーに身体が付いてこなかった。今思えば振り抜いておくべきだったかなとは思います。CKになるかもしれなかったし。」川崎戦後のコメント

「ファーに打ってもいいかなと思ったけど、どっちも空いていた。少しファーのほうからディフェンスの昌子さんが来ていたので、足に当たったら嫌だなと思ったので、ニアを狙った」鹿島戦後のコメント

感覚的にプレーする選手は多い。名選手が名監督になれない原因の1つだと思うが、中村敬斗は違う。コメントにメディア(書き手)の編集が入っている可能性を差し引いても自分のプレーをここまで論理的に話せる選手はなかなかいない。常に考えてプレーしている証拠でもあるし、攻撃はパターンを教えるのでなくイマジネーションを重視するクルピと相性がいい理由も分かる。

そして、自分に自信を持っている点もプロ向きのメンタリティである。

「フィジカルやスピードで負けていることはないと思う。あとは状況判断。それができれば、点が取れてくるかな」ルヴァンカップ広島戦前のコメント

「このあたりでゴールを決めないといけないな、と思っていた。」ルヴァンカップ浦和戦後のコメント

自信を持つことや、自分は他人ではなく自分であると思えること……つまり、アイデンティティを確立するためには“承認”が必要である。マジョリティに自分がマイノリティ(違い)であることを認めさせる。これはなかなか難しく、特に思春期は迷走しがちだと思うのだが、ここまで自分を客観視できているのは良い環境で育ってきたのだろう。「個人の持ち味を尊重(個々の可能性を最大限に伸ばす)」「自らが考えるサッカーの浸透」を指導の基軸に置く三菱養和の影響もあるのかもしれない。

誉められることで彼が更なる進化を遂げるのであればガンバに入団したのは正解だ。なぜなら私達ガンバサポーターが中村敬斗のナイスプレーに最大級の声援を送り続けるから。たとえそれがガンバを卒業する日を早めることになっても。

プロ初ゴールおめでとう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。