コメント力から考える中村敬斗選手の魅力

クルピ監督が頻繁に発言する「年齢は関係ない」は、長谷川健太前監督における「攻撃的なサッカーをしたい」と同じだと思っている。つまり、建前。本当のクルピ監督はサポーターが持つイメージ通り、若手選手の成長を見るのが大好きなのではないか。今節、途中交代を悔しがるファン・ウィジョや泉澤に対して握手ひとつしないクールな一面を見せたお爺ちゃんは20分後、中村敬斗のゴールをスタッフと抱き合って喜んだ。

自由なんていらない -クルピ流チームマネジメントについて-

若手選手が好きなのはサポーターも同じである。中村敬斗選手の得点直後のゴール裏は「とんでもない瞬間を目撃してしまった!」という興奮と幸福感で溢れた。開幕前は多くのサポーターから中村“君”と呼ばれていた高校3年生も、今では「敬斗」が定着し、お客さんではなく、完全な戦力と見なされるまでに成長した。凄い選手がガンバに加入したもんだ。

コメントから読み解く中村敬斗

プレーもさることながら、個人的には彼の「コメント力」に注目している。大黒将志選手の「そうっすね」、井手口陽介選手の「なんていうんやろ」を観てきたガンバサポーター的には、17歳であそこまでしっかり自分の言葉で話せることに驚きを隠せない。

「シュートを打とうか迷ったんですけど、当たったら嫌だなと思って切り返しました。でも、その時に足を滑らしてしまって、次のプレーに身体が付いてこなかった。今思えば振り抜いておくべきだったかなとは思います。CKになるかもしれなかったし」川崎戦後のコメント

「ファーに打ってもいいかなと思ったけど、どっちも空いていた。少しファーのほうからディフェンスの昌子さんが来ていたので、足に当たったら嫌だなと思ったので、ニアを狙った」鹿島戦後のコメント

感覚的にプレーする選手は多いが、敬斗は違うようだ。コメントにメディア(書き手)の編集が入っている可能性を考慮しても、ここまで論理的に話せる若手選手はなかなかいない。考えてプレーしている証拠でもあるし、攻撃のパターン練習を嫌うクルピ監督と相性がいい理由も分かる気がする。そして、自分に自信を持っている点もプロ向きのメンタリティで頼もしい。

「フィジカルやスピードで負けていることはないと思う。あとは状況判断。それができれば、点が取れてくるかな」ルヴァンカップ広島戦前のコメント

「このあたりでゴールを決めないといけないな、と思っていた」ルヴァンカップ浦和戦後のコメント

自分は他人ではなく、自分であると思えること……つまり、アイデンティティを確立するためには他者からの“承認”が必要だと言われている。自分が何者なのか……10代はその答え探しで迷走しがちである中で、敬斗がここまで自分を客観視し、自信を持てているのは育ってきた環境も良かったのだろう。「個人の持ち味を尊重(個々の可能性を最大限に伸ばす)」「自らが考えるサッカーの浸透」を指導の基軸に置く(中村敬斗の出身である)三菱養和の好影響もあるのかもしれない。

1年目とは思えない存在感を見せている中村敬斗

もしも敬斗が褒められることで成長できるタイプであれば、ガンバ大阪に加入したのは正解だ。なぜなら、私たちサポーターがこれからも好プレーには最大限の賞賛の声を送り続けるから。たとえ、それがガンバから旅立つ日を早めることになったとしても。

中村敬斗選手、プロ初ゴールおめでとう。

Photos:おとがみ

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime