「新福菜館 本店」(西京極スタジアム)




レンタル中の一美和成を応援しに西京極まで行ったついでに立ち寄った老舗ラーメン店。近年は麻布十番など東京にも進出している。創業は1938年で、屋台からスタート。京都ラーメンの原点ともいえ、全国的に知名度も高く常に行列が尽きない。

お店紹介

新福菜館 外観

店名:新福菜館 本店

住所:京都府京都市下京区東塩小路向畑町569

営業時間:9:00~20:00

HPはこちら

京都駅から徒歩5分程度の好アクセスな立地。隣には京都ラーメンの人気を二分する「第一旭」があり、狭い通りに入店を待つ人が密集する。回転は早く日曜日の18時頃で待ち時間は15分程度。店内は大衆ラーメン屋といった飾らない雰囲気で活気に溢れている。2名以下で訪問すると基本的に相席になる。メニューは色々あるがベースは全て同じ醤油ラーメン。量やトッピングの違いのみ。

食べるべき一品:「中華蕎麦(並)」(700円)

中華そば(並)

まず目に付くのが富山ブラックを彷彿とさせる真っ黒な醤油スープのビジュアル。インスタ映えであると同時に食欲をそそる。ただ、見た目とは裏腹に鶏ガラと豚骨ベースの味は比較的マイルド。そして、なにより九条ネギの甘味との相性も抜群。このネギとの相性ありきで京都のラーメンは醤油スープが多いのだとか。

ヤキメシ

そして、もう一つの名物が「ヤキメシ」。こっちも黒い。多くの方がラーメンとセットで注文する定番メニュー。こちらも醤油をベースにネギ、たまご、玉ねぎ、刻みチャーシューを炒めた素朴な懐かしい味。醤油の少し焦げた香ばしさは中毒性も。

おススメ度:6.5点/10点満点

定番なので一度はおさえておきたいお店。日曜営業、朝9時営業という点もサポーター的にはありがたい。日によって味にバラつきがあるというのが常連の評価だが、訪問時は麺は少し茹ですぎである印象を受けた。洗練された一品ではなく、大衆に愛される庶民的ラーメンとして楽しむことをおススメ。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。衛星放送会社勤務を経て、筑波大学大学院でスポーツ社会学修士。サッカー専門媒体での執筆活動も行う。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。