「時屋」(パナソニックスタジアム吹田)




新大阪エリアで一番好きなつけ麺屋。定期的にキャンペーンが開催されている印象で直近訪問した際にはまさかの“つけ麺無料感謝祭”が行われていた。SNSで定期的に情報発信をされているので気になる方はフォローを。

お店紹介

時屋 外観

店名:時屋

住所:大阪府大阪市淀川区西中島5-1-4 1F

営業時間:11:30~23:00(L.O22:50)

HPはこちら

新大阪駅からは徒歩8分、南方駅から徒歩5分の場所に立地。大阪観光の玄関であり、オフィス街でもある同エリアは「人類みな麺類」に代表されるラーメン激戦区。長時間並ぶのが嫌な方は積極的に別の店を探せるメリットがある。時屋はラーメン屋が多い中で数少ない“つけ麺”特化タイプ。食べログのベストラーメン6年連続受賞やメディア露出も多く、関西での知名度は高い。ランチタイム&ディナータイムを外せばさほど並ばない点も◎。店内は間接照明でオシャレなバー風。店員もテキパキしていて好感が持てる。

食べるべき一品:「豚つけ」(860円)

豚つけ(860円)

豚・鶏・辛と3種類あるメニューの中で一番人気。濃厚豚骨魚介系のつけ汁は産地の違う豚骨をミックスさせ、時間をかけて引き出した豚の旨味と、野菜や果物を炊き込んだことで生まれた甘みが特徴。濃厚なドロドロ系つけ汁は素材の味を最大限楽しめると感じさせる。全卵粉を使用した麺との絡み方はつけ麺界でもトップレベル。つけ麺屋としては珍しい“替え玉”もある。最後は割スープではなく“ダシごはん”につけ汁をかけて〆るのが時屋流。つけ麺の種類によってダシの種類も違うので気になる方は鶏もどうぞ。

おススメ度:8.5点/10点満点

濃厚系が好きな方には絶対おススメのつけ麺。ハイレベルで甘みと旨味を両立させているつけ汁は一度食べるべき。新大阪からは少し距離はあるが十分徒歩圏内。週末は深夜まで終日営業という点はサポーターにはありがたい。マイナス面は店内の間接照明がインスタ撮影の難易度を上げている点くらい。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。