「一期(河岸の市)」(IAIスタジアム日本平)




清水遠征はサポーターがご飯で立ち寄る場所が2個所に集中している。1つは言わずと知れた「さわやか」。もう1つが清水駅からほど近い清水魚市場「河岸の市」。今回は「河岸の市」内にある海鮮料理屋さんをご紹介。

お店紹介

一期(いちご)外観

店名:一期 (イチゴ) 

住所:静岡県静岡市清水区島崎町149 河岸の市場河岸の市 まぐろ館 1F

営業時間:10:00~16:00

HPはこちら

清水駅から徒歩数分。駐車場も200台完備しているので多くの人が訪れやすい定番スポット。食事で駐車料金が無料になるサービスも嬉しい。館内は魚介類や海産物などを安価で買える「いちば館」と、食事処が並んだ「まぐろ館」の2館構成。静岡の海鮮物といえば「しらす」の印象が強いが、日本で消費されるマグロの約半分は清水港で揚げられており日本一なんだとか。日本平スタジアムに向かうシャトルバスのバス停(エスパルスドリームプラザ)からも近い。

ドリームプラザにいるマスコット

食べるべき一品:「駿河丼」(1,480円)

駿河丼

静岡っぽいネーミングの丼ぶり。“生しらす”と“生桜エビ”の刺身が乗っており、静岡を満喫のできる一品となっている。釜揚げでは堪能できない生だからこそのしらすのプリプリ感は白米や生桜エビと一緒に口の中にかきこむと最高のハーモニーを奏でる。生しらすは鮮度が命なので、これを堪能できるのは魚市場ならでは。

ちなみに「一期」さんはまぐろ専門店をうたっているお店なので、まぐろの刺身やかき揚げが楽しめる定食もおススメ。

刺し盛り定食(1,890円)

おススメ度:5.5点/10点満点

何度も「河岸の市」に来て、様々な店舗で食事をしたが店舗間の味の差はあまりない印象。今回は「生しらす」を食べられる店という基準で「一期」さんを選んだが、「釜揚げしらす」しかないお店や、「まぐろのカマ」が名物のお店があるなど、メニューには少し差がある。食べたい海鮮や、「窓から海が見えるか」などロケーションで選ぶのもあり。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。衛星放送会社勤務を経て、筑波大学大学院でスポーツ社会学修士。サッカー専門媒体での執筆活動も行う。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。