ノーサイドなきスタジアムで




予想通りマッチデープログラムの表紙には田中達也選手が印刷されていた。どのクラブでも実施される煽りの常套手段である。そして、結果は一部関係者が期待した通りのものとなった。大分トリニータのスタメン紹介時にはガンバサポーターから自クラブ選手のチャントを中断してまで当人に大きなブーイングが浴びせられ、それは試合中も続いた。

個人的にははいつかの「岩下VS.清水」と同じ、プロレスとしてブーイングを楽しませてもらったが、周りを見渡せばモザイクがかかるであろうジェスチャーや、「ピー」と音声処理をしなければならない言葉を見聞きし「これは……本当に怒っている」と自身の解釈とズレがあることを認識した。怒りの理由を一言で表すと「裏切り者」。在籍半年で退団するなんて義理人情に欠ける……ということだろう。退団発表がスタメンに定着しつつあったというタイミングも心証を悪くしたのかもしれない。

認めることはできないけれど

先に断っておくが田中選手を擁護するつもりは1ミリもない。応援もしていない。ただ、考えれば考えるほど彼への怒りの理由に違和感を覚えることも事実。「移籍金の獲得」「福田(若手選手)の出場機会増加」など、移籍がもたらした事象としてはポジティブな側面もあると思うのだが、それ以上に「出ていきやがって。クソが」と感情論が先行されることが正しいのか。

また、「逃げるが勝ち」の価値観が主流派になりつつある世の中において、なぜ田中選手の移籍は許しを得られないのか。我慢が美徳とされなくなった時代に照らし合わせれば、むしろ決断の早さは賞賛の対象ともなってもおかしくない。問われるべきは辿り着いた先での姿勢や結果で、誰だってなりたい自分と求められる自分の狭間で何度も決断をしてきたはずではないのか。

田中達也選手はブーイングに何を想ったか

試合後、ガンバゴール裏に挨拶に来た田中選手の姿には何の感情も生まれなかった。好き嫌いじゃない。正誤でもない。あるのは彼が信じる道と我々が進む道が違ったという事実だけなのだろう。それは双方にとって否定ではない。誰かを批判することは自尊心を傷つけるだけだ。

一礼後、小走りで大分ベンチに戻る田中選手を見届けることなくスタジアムをあとにした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。