「ラーメン工房 ふくや」(昭和電工ドーム大分)

「○○県に来たら△△を食べるべき」なんてクソくらえ。私は全国どこでもラーメンが食べたい。今回訪問した大分は「札幌=味噌」「名古屋=台湾まぜそば」といったご当地ラーメン感はないのだが、それでも食べた。大分駅前の人気店を紹介する。

「二代目与一」(昭和電工ドーム大分)

お店紹介

ラーメン工房 ふくや

店名:ラーメン工房 ふくや

住所:大分県大分市末広町1丁目1-25

営業時間:11:00~24:00

HPはこちら

隣県にラーメン大国・福岡がある影響もあり、大分県のラーメンは豚骨が多い。「ラーメン工房 ふくや」も同様で、店外まで広がる強烈な豚骨の匂いが食欲をそそる。大分駅から徒歩1分。スタジアムへのシャトルバス乗降車地でもあり、試合日の腹ごしらえにピッタリ。メニューは完全な博多ラーメンスタイルで、替え玉、紅ショウガの他、炒飯や餃子などセットメニューも充実。カウンター席から見える、大鍋で炊かれた大量の豚骨は迫力は抜群。

ド迫力の豚骨

食べるべき一品:「ふくや元ラーメン(特製)」(730円)

ふくや元ラーメン

良くも悪くも、期待を裏切らない想像通りの味。油感が少し強いスープが白米と合う。スープ→麺→白米→餃子→スープ……の無限ループ。もちろん替え玉も注文。ニンニクをセルフ絞りスタイル。1杯目はシンプルに、二杯目は紅ショウガやニンニクを大量にトッピングして、2回楽しい。

おススメ度:5.5点/10点満点

ザ・普通。マニュアル化された接客も含め、すべての面で過不足がなく、不満は何もない。一方で、記憶に残るオリジナリティがないことも事実。場所の利便性、コスパの高さはあるが、絶対にこの店を訪問しなければいけない理由はない。博多ラーメンの亜流……までは言い過ぎかもしれないが、同じ九州の熊本ラーメンが中太麺、揚げニンニクなど、オリジナリティをもう少し感じたかった。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
インタビュー記事作成サービスのご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime