「ラーメン工房 ふくや」(昭和電工ドーム大分)

人間誰しも矛盾を抱えている。私もその1人。痩せたいからダイエットをしている。一方でハイカロリーな食べ物が大好き。その折衷案が「ランチならハイカロリーOK」という自己ルールである。食べてから寝るまでに時間がかるからその間にカロリーを相殺できるであろう理論。大分遠征でもこのルールを適用させて訪問した店。

お店紹介

ラーメン工房 ふくや

店名:ラーメン工房 ふくや

住所:大分県大分市末広町1丁目1-25

営業時間:11:00~24:00

HPはこちら

福岡や熊本といったラーメン大国に囲まれていることから大分県のラーメンは両県の影響を受けている。つまり、「豚骨ラーメン」が並ぶ。その中でも人気店がここ。アクセス的にも大分駅徒歩1分と抜群の立地。替え玉、紅ショウガなど福岡王道スタイルを楽しめる。チャーハン、餃子などセットメニューも充実。カウンター席では目の前で大鍋の豚骨スープの仕込み作業を見学することもできる。

ド迫力の豚骨

食べるべき一品:「ふくや元ラーメン(特製)」(730円)

ふくや元ラーメン

良くも悪くも期待を裏切らない想像通りの味。チェーン店の良さであるオートマティズムも心地良い。前述したカウンター席前での仕込み風景も視覚から旨さを訴えてくる。豚骨の濃厚さは麺との絡み抜群。若干油が強めなスープは白米との相性も良く、〆の一品として満足度は高い。

おススメ度:5.5点/10点満点

THE王道。全てにおいて過不足がなく不満のない味。ただ、裏を返せばオリジナリティがないということでもある。美味しい。しかし、ここで食べる理由はない。熊本ラーメンが中太麺、揚げニンニクを使ってオリジナルの道を進んだように、大分ラーメンも独自の進化を期待したい。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”をコンセプトにJリーグやガンバ大阪に関する雑記、全国のラーメン食レポなどを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転職。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime