「麺屋 はなび」(パロマ瑞穂スタジアム)




味噌カツ、味噌煮込みうどん、ひつまぶし、手羽先唐揚げ、あんかけスパ、天むす、きしめん、ういろう……名古屋飯は最高だ。ただ、全部カロリーが高い。しかも、朝食文化まで栄えているときた。きっと食間はコメダ珈琲で休憩するのだろう。愛知県民は健康診断を年3回受けるべきだ。

今回は数ある「名古屋飯」の中で世間的にもブームの兆しを感じる「台湾まぜそば」発祥の店をご紹介。

お店紹介

麵屋はなび 外観

店名:麺屋 はなび 高畑本店 

住所:名古屋市中川区高畑1-170

営業時間:11:30~14:00/18:00~22:00 ※土日は11:00OPEN

HPはこちら

地下鉄・東山線の始発駅から徒歩5分。パチンコ屋の裏、住宅エリアにひっそりと立地。開店10分前の到着時には先客は2組ほどだったが、開店後すぐ満席に。店の内外に待機椅子が設置されていることに人気店であることを実感する。メニューは大ジャンルとして「汁そば」「まぜそば」があり、各々のジャンル内で複数の味が準備されている。ただ、お客さんの大半が「台湾まぜそば」を注文している印象。迷うべきは「肉」「チーズ」「ねぎ」などこちらも豊富に用意されたトッピングの選択か。スタッフ数は多く回転は早め。

食べるべき一品:「元祖!台湾まぜそば」(870円)

台湾まぜそば

ハイカロリーオールスターである名古屋飯の中でも最高傑作。この食べ物が名古屋から生まれたことは必然だった。経済力がクラブ力と同義であるJリーグと同様、カロリーは旨味のバロメーターでもある。極太麺に肉や卵を絡め、調子が良ければそこにチーズもトッピングする。ひたすらにカロリーを投入するラーメン界のパワープレー。闘莉王、増川、ケネディを前線に上げてロングボールを放り込むような破壊力。強い。旨い。何かを犠牲にしている気もするけれど。

台湾まぜそばを満喫したい私は「トロ肉」という名の脂感強めの肉塊をトッピング。お店の人がおススメするニンニクも迷わず入れた。もはや自暴自棄。人生を満喫するためには時に狂気も必要なのだ。最後、麺を食べ終わり後に残った具材に白米を投入した時の私はキマっていたかもしれない。

おススメ度:8.5点/10点満点

罪悪感を感じるレベルの美味さ。元祖はすごい。ザ・名古屋飯。店の隣にあった「元祖!台湾カレー」も気になる。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。