「八代目 佐藤養助」(ソユースタジアム)




秋田名物といえば「きりたんぽ」「稲庭うどん」「比内地鶏」「横手やきそば」「秋田かやき」……1泊2日のアウェイ遠征で全てを制覇することは難しい。特に私は全国どこでも一食はラーメンに使ってしまうので尚更。そんな悩みを抱えたサポーターにおススメしたいお店。1度で2度楽しめる。

「らーめん萬亀」(ソユースタジアム)

お店紹介

八代目 佐藤養助 外観

店名:八代目 佐藤養助

住所:秋田県秋田市中通2-6-1 西武秋田店地下1階

営業時間:11:00~(ラストオーダー20:00)

HPはこちら

秋田名物・稲庭うどんの定番店。店名に“8代目”とある通り、その歴史は長く創業は1860年までさかのぼる。現在は秋田の他、東京やアジアを中心とした海外にも店舗を構えるほどに成長。今回訪問したのは秋田駅すぐの西武百貨店地下のグルメエリアにある店舗。20名対応可能な座敷も完備している点がサポーター的にはありがたい。人口的な問題なのか、ディナータイムでもさほど混んでいなかった。清潔感のある落ち着いた雰囲気の内装。お土産も充実。

このお店が有難いのは看板メニューの「稲庭うどん」に加えて、「きりたんぽ」や「比内地鶏」も食べられるセットが充実している点。うどんは冷やしてしめた状態で頂きたい派の私ながら、秋田の寒さで震えた体を温める食事は必須。お鍋セットがありがたい。

食べるべき一品:「きりたんぽ鍋つけうどん」(1,700円)

きりたんぽ鍋つけうどん

秋田県でしか食べれない数量限定のオリジナルメニュー。秋田名物のきりたんぽ鍋と稲庭うどんの両方を一度に食することができる。いぶりがっこも付いてくる。

稲庭うどんはまず光沢のある白の美しさを堪能。一般的なうどんと比べると非常に細くひやむぎに近いので、心地良い喉越しや歯ざわりを楽しめる。普通につゆで食したあとはきりたんぽの鍋につけて食べる“つけ麺”スタイルを楽しめるのもおススメ。お鍋は火にかかった状態で提供されるので麺を入れても冷めにくいのが嬉しい。きりたんぽはほうとうよりもお米感が強く、甘めの味付けの鍋をエキスも吸って子供が喜びそうな味。

おススメ度:5.5点/10点満点

新幹線、飛行機どちらで訪問するにしても起点となる秋田駅から徒歩圏内という立地やチェーン店ゆえのテキパキ感溢れる接客もポイント高し。何よりもリーズナブルに秋田名物を1食で2つ楽しめる点が最大の魅力。“濃厚”“ジューシー”“ボリューム”を求める私的にはインパクトには欠けるものの、観光定番飯としては及第点。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。