「らーめん萬亀」(ソユースタジアム)

秋田は寒い。温かいものが食べたい。きりたんぽ?稲庭うどん?比内地鶏や横手やきそばという選択肢もある。いや……やっぱりラーメンが最適だろう。秋田駅付近で濃厚系ラーメンを提供する人気店を紹介する。

秋田の寒さに震えながら考えたスポーツの未来

お店紹介

らーめん 萬亀

店名:らーめん萬亀

住所:秋田県秋田市山王新町4-1 サンケイビル 1 F

営業時間:11:00~15:00

HPはこちら

秋田駅から得意のレンタサイクルを駆使して15分程度。ブラウブリッツ秋田のホームスタジアムである「ソユースタジアム」からも徒歩圏内。ちなみに、レンタサイクルの料金は0円という太っ腹さ。秋田駅の観光案内所で手続きをする。秋田駅は行先によってはバスの本数が少ないので、自転車は重宝する。

店の前に数台分の駐車場はあるが、人気店+車社会なので満車状態がデフォルトと考えておくのが吉。待ち時間は土曜日の12時訪問で30分弱程度。1セットで4~5杯作っているようで、回転は悪くない。ただ、一部WEBサイトでは「秋田市で一番混んでいる店」との情報もあり、時間には余裕を持った方が安心。秋田価格なのか料金設定は安め。麺量も他店舗平均より多めで、コスパが高いことも人気の秘訣か。「背脂:10円」は斬新なオプション。

食べるべき一品:「濃厚 醤油」(750円)

濃厚 醤油

スープを一口飲んだだけで、すごい店であることを確信した。店内に張り出されている商品説明は「豚骨・鶏ガラを使ったスープ」というオーソドックス(最低限)の情報になっているが、魚介も合わせたダブルスープの旨味が抜群。背脂をトッピングした影響もあり、スープの温度が下がりにくい点も嬉しい。太麺にはスープがよく絡み、大量トッピングのネギがさっぱりとしたアクセントになっている。濃厚な味ながら食べやすく、完成度が高い。替え玉は細麺になるなど、変化も楽しい。

厚切りの炙りチャーシューも美味。濃厚スープを吸ったホロホロ食感は、一切れで白米3杯いけるレベル。チャーシュー丼(200円)も人気なんだとか。上品な食べ方ではないが、スープを少しかけても美味しそう。質、量、価格……どれをとっても素晴らしい。

おススメ度:9点/10点満点

文句なし。スタジアム付近というアクセスをふまえても絶対行くべき店。某グルメレビューサイトの評価は平凡だったが、自分の直感を信じ、訪問して良かった。駅前や都内で出店したら一瞬で大行列になるだろう。

この味を知ってしまうと「あっさり」と「濃厚」の間に位置する「ブレンド」が気になってしまう。これも素晴らしいバランスの一品になっている予感。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
インタビュー記事作成サービスのご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime