「二代目与一」(昭和電工ドーム大分)

ラーメン」「ハンバーグ」「うどん」「焼肉」……過去記事が示す通り、アウェイでは基本的に「肉 or 麺」を食べてきた。言い換えるならば、各地にその名店があったということだ。ただ、今回の遠征地である大分にはないのだ。食べログにも、Rettyにも、掲載されているのは海鮮ばかり。これは肥満化が止まらない私に対する「ヘルシーに過ごせ」という神からのお告げかもしれない……。

「ラーメン工房 ふくや」(昭和電工ドーム大分)

お店紹介

二代目与一

店名:二代目与一

住所:大分県大分市中央町2-3-7

営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)

HPはこちら

スタジアムへのシャトルバス発着地でもある大分駅から徒歩5分。メニュー的には海鮮料理を中心とする店ではあるが、大分名物である「とり天」(915円)も食べられる点がポイント高い。多くのグルメメディアに掲載されている人気店のわりにはランチタイム、ディナータイムともに入店の待ち時間はなし。店内にはカウンター席&テーブル席があり、人数に関係なく訪問しやすい。店前に有料駐車場あり。少し気難しそうな店長と奥さん(多分)で経営されている。

食べるべき一品:琉球丼(1,620円)

琉球丼

アジが敷き詰められている

名前は「琉球」だが、大分の郷土料理。名前の起源は諸説あり。個人的には一番シンプルな、琉球(沖縄)の漁師から伝わったからという説が好き。サバやアジなど鮮魚を醤油や生姜、酒、砂糖などで和えて、白米の上に乗せている。素材の良さをシンプルに引き出す料理は大体美味い。

そんな琉球丼の代表店が二代目与一。大分と言えば「関アジ」が有名だが、ここの琉球丼は魚にアジを使用している。秘伝のタレに付けられたアジが、どんぶりにビッシリと敷き詰められているビジュアルは圧巻。プリプリな食感と、濃いめの味付けは白米が無限に食べられるほど。

おススメ度:5点/10点満点

美味しいが、1620円という価値があるかは疑問。海鮮系メニューであれば清水や札幌の方が美味い。店員の笑顔なき接客もあまり心象が良くなかった。隣県の福岡や熊本と比べると、大分は少しご当地グルメのオリジナリティが弱い気も……。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
インタビュー記事作成サービスのご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime