「つけ麺 五ノ神製作所」(味の素スタジアム)

新宿はラーメン大激戦区。味の素スタジアムで試合を観戦する際は道中、必ずどこかのラーメン屋に立ち寄っている。選択肢は多く、定番の醤油・塩・味噌は勿論、煮干し・あごなど、バリエーションも多様。今回紹介するのは「海老」。地域性や流行、師弟関係、のれん分け……etc. ラーメンはサッカーに似ているところがある。客の好みが分かれており、正解がない業界。 サポーターにとって開拓しがいのあるグルメだ。

お店紹介

海老の看板が目印

店名:つけ麺 五ノ神製作所

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-33-16 シャトレー新宿御苑第一 1F (新宿駅の高島屋側エリア。HIS本社の裏)

営業時間:11:00~21:00

HPはこちら

都内の有名店同様に、ここも多くの外国人観光を含む行列が常にできている人気店。店内はカウンター席のみ。まず列に並び、店員の案内後に食券を買うスタイル。

食べるべき一品:「海老つけ麺」(800円)

海老つけ麺(800円)

最大の特徴は海老のエキスが入ったスープ。超濃厚なので麺に添えられているキャベツが良く合う。有料でキャベツの追加も可能。スープをご飯にかけて食べていた方も。具として数種類の肉も入っており、ボリューム満点となっている。もちろん、最後にはスープ割も楽しめる。

麺は中太でコシが強い。スープが濃厚なので、麺のボリュームが多いのは助かる。食券を渡すタイミングで店員さんがボリュームを質問してくれる。麺量を減らした場合、代わりのサービス有。オプションは独特で前述の「キャベツ」の他、「バジルソース」、「モッツアレラチーズ」などがある。

おススメ度:8点/10点満点

ボリュームの多さを好評価。濃厚な味は試合前のエネルギー補給にぴったり。店員も多いので、スープのおわかり対応も迅速で、客の回転スピードも早い。より濃厚な味を求める方には「海老味噌つけ麺」、女性受けが良さそうな「海老トマトつけ麺」など、メニューの豊富さは再訪問意欲を促進される。毎年同じ地域を訪れることが多いJリーグサポーター的にも嬉しい。減点ポイントは京王線から少し遠いこと。海老ラーメンは「一幻」が有名だが、海老を強く感じたい人はこちらの方がおススメ。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime