【ACLアウェイ遠征記】親日アウェイ -FCソウル戦-




我ながら変わった趣味だとは思うが、ACLでの海外アウェイでは「反日感情」を期待している。石を投げられ、中指を立てられる事で自分がアウェイサポーターである自覚が強くなる。ナショナリズムを煽られることで応援がより熱いものになる。Jリーグにはない経験をしたいのだ。しかし、そのような経験は一部中国を除いて経験できない。韓国はクラブレベルの戦いにはあまり興味がないという印象すら受ける。今回の韓国遠征ではむしろホスピタリティの高さが印象的な旅になった。反日感情など存在しないのではないかとすら思えた。

最高レベルのスタジアム

親日アウェイ

商売とはいえ、ソウル市内の飲食店には日本語メニューがあり、店員は簡単な日本語のコミュケーションすら可能。私のカタコトの韓国語にも多くの人が笑顔で理解を示すジェスチャーを示してくれた。スタジアムではFCソウルサポから「エンドウ!ウサミ!」と声をかけられ、記念撮影も行った。相手サポとの記念写真撮影はブラジルワールドカップ以来のことだ。

反日感情を全開にされて戦う海外アウェイも悪くないが、隣国の親切を経験するのも悪くない。人間的には後者の経験の方が成長できそうだ。大阪にアウェイ遠征してくるFCソウルサポーターにもナイスホスピタリティをお返ししたいものだ。

 




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。