【ACLアウェイ遠征記】広州恒大サポーターの敵対心

公安に身柄を確保される事なく昨夜、中国・広州より無事帰国。今回の記事では遠征のハイライトである広州恒大サポーターについて書く。

敵対心の本質

予想通り、広州恒大サポーターは純粋にクラブを応援する気持ちに加え、我々に対する敵対心をむきだしにしてきた。これが日本クラブと対戦する時だけのものなのか、国内リーグでも同じかは分からないが、その敵対心がスタジアムに大きな熱をもたらしていたことは確かだった。広州恒大がゴールした際、広州恒大サポーターはピッチではなく、我々(ガンバサポーター)に視線を向けた。中指を立てる人、親指を下に向ける人、思い思いのジェスチャーと共に発せられる言葉は意味は分からずとも罵倒されている事は理解できた。

例のごとく、ガンバサポーターは安全確保を理由に事前に指定された場所からバスに乗り、集団でのスタジアム入りを余儀なくされ、スタジアム内では大多数の公安(に雇われているバイト?)に囲まれた。ただ、公安がいる事による安心感を得ているのは広州恒大サポーターではなかったか。公安を盾に日本を罵倒する遊びをしている……そんな風に見えた。スタジアム外で出会った何人かの広州恒大サポーターがフレンドリーだったこともこの考えに至った一因になっている。

また、試合中のウエーブや試合終了直後に一斉帰宅する様子などから、純粋なサッカーへの熱が存在するかも疑問だ。スタジアム内や試合開催日だけのお祭り。普段の生活におけるサッカーの存在感は低く、文化としては根付いていない。スタジアムでの応援はある種の捌け口や発散の場のようにも見えた。スタジアム内では集団心理が働いたに過ぎず、前述した我々に対する敵対心も実はさほどないのかもしれない。

……と、推測ばかりで文章を進めてきたが、だからといってスタジアム(天河体育中心体育場)の雰囲気を批判するものではない。期待通りの熱量だった。静観するサポーターの数が少ないのが特徴で、ゴール裏だろうがメインだろうが、座る場所に関わらず全員が声援していた。スタジアム内に響く声量は圧倒的。アルウィンの雰囲気を下品して、パワーを10倍にしたような感じ……と書けば多少はイメージしてもらえるだろうか。

「アルプス一万尺」の歌い方 -アルウィンに熱狂が生まれる理由についての考察-

そういう雰囲気のスタジアムだからこそJリーグの試合時以上に燃えたし……勝ちたかった。少数精鋭で一生懸命応援したが叶わなかった。ただ、アウェイゴールを獲得しての1点差負けは及第点と捉えていい。後半は意図的にリスクを冒さない戦い方を選択している様にも見えた。

海外アウェイでの応援は麻薬的な部分があり、疲労感が充実感に変わる。今シーズン、決勝の中東で、もう一度海外アウェイを経験したい。万博での準決勝第2戦は広州に負けないスタジアムの雰囲気で絶対勝とう。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”をコンセプトにJリーグやガンバ大阪に関する雑記、全国のラーメン食レポなどを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転職。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime