解説者のコトバを聴けばサッカーの観かたが解る (河治良幸)




解説者が発する“言葉”にフォーカスした一冊。NHKと地上波の解説比較のほか、実況アナウンサーが紹介する「解説者取扱説明書」など多角的にサッカー中継における解説者の言葉が分析されている。読みどころは反町康治氏や都並敏史氏、後藤健生氏ら現役解説者へのインタビュー。何を意識して言葉を選んでいるのか、解説の裏側を知ることができる。これを読めばサッカー中継の観かたが変わる。

書籍概要

書籍名:解説者のコトバを聴けばサッカーの観かたが解る

筆者:河治良幸

発行:内外出版社

価格:1,200円(税別)

詳細はコチラ

オリジナリティ

私自身、サッカーブログを長く続ける中で“言葉”とはそれなりに向き合ってきた。「考え尽くした上でしか発せられないもの」が私の中での言葉の定義であるが、その言葉を生業とする解説者が何を考えているのかは興味があったし、参考にもしたかった。

本書の中で反町康治氏は「私情を入れる」ことを意識していると語り、都並敏史氏は自身の現役時代のポジションである「サイドバックの視点」を重要視していると語った。共通するのはオリジナリティである。自分にしか発することができない言葉に価値がある。後藤健生氏はプロサッカー選手の経験がない代わりに海外取材経験の豊富さがあり、それを武器として文化的側面からの解説が可能である。これら事例からテクニック論では語れない言葉選びの核心を知ることができた。

著者の河治良幸氏は「サッカーファン総解説者」という言葉でサッカーファンの成長に応じて解説者の言葉にもより高いクオリティを求められていく未来を予想している。ならば私もサッカーファンとして応援し続けてきた経験を武器に言葉を発しつづけることで少しでも日本サッカーに貢献したい。言葉の多様性が日本のサッカー文化に新たな価値をもたらすと信じつつ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。