「社長・溝畑宏の天国と地獄 -大分トリニータの15年-」(木村元彦)




名著だと思うJリーグにおけるオフザピッチをテーマとした書籍は3つある。

我那覇選手のドーピング冤罪事件を扱った「争うは本意ならねど」。今は亡き木之本興三氏のJリーグ開幕に向けた尽力が紹介されている「日本サッカーに捧げた両足 ~真実のJリーグ創世記~」そして、今回紹介する一冊。

世間で報じられている溝畑氏のイメージとは違う一次情報が盛りだくさんである点が読みどころ。“ずさんな経営者”など悪く語られることが多いが、関係者の証言を緻密に重ねることで実像を浮かび上がらせている。何回読んでも文章を通じて伝わってくるリアリティに興奮させられるし、読了後は溝畑氏のイメージは確実に変わる。

「争うは本意ならねど」(木村元彦)

書籍概要

書籍名:社長・溝畑宏の天国と地獄 -大分トリニータの15年-

著者:木村元彦

発行:集英社

価格:1,200円(税別)

詳細はこちら

大分トリニータとスポンサー

「天国と地獄」とタイトルが付いているが基本的には終始地獄が書かれている。地獄……つまり、クラブを運営するための資金集め奮闘記がメインテーマ。社長でありながら、最強の営業マンであった溝畑氏がどのような過程でスポンサーを獲得していったのかを知れる。トリニータが溝畑氏主導で人為的に立ち上がった経緯や大分の政治絡みの思惑もあって、地元企業の支持を得にくい環境であったというのがベースにある。

そうした中でもクラブ経営が危機的状況になると「朝日ソーラー」や、他県に本社がある「ペイントハウス」「マルハン」といった“救世主”が登場する。他クラブで同じことが起きてるとは想像しにくい濃密な人間関係をベースとしたスポンサードの在り方に驚かされる。接待の様子なども詳細に紹介されているのだが、2019年の今ならコンプライアンス的に絶対ありえない内容。そこが溝畑氏の人間力であり、氏ありきの大分トリニータであった過去はおさえておくべき事実である。

企業名を見れば多少イメージすることができると思うが、各企業社長達が持つバックボーンがスポンサーを決めた理由に直結している部分があり、そこに対する丁寧な取材も大分トリニータの物語に深みを与えている。

最終的には各スポンサー企業の経営不振やJリーグの規定、有名なサポーターによる「フォーリーフ マジ勘弁でチュ」の横断幕事件が引き金となって溝畑氏のトリニータでのキャリアは終了する。筆者の木村氏は遠因としてマスコミの無関心(無理解)さなどにも言及しているが、全ての責任を一人に押し付けることになった結果(経緯)には恐怖を覚えた。誤解を招きやすい溝畑氏のキャラクターにも問題はあるものの、官僚を辞めてトリニータの社長になった覚悟をはじめ、サポーターが評価すべきポイントは多い。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。