「社長・溝畑宏の天国と地獄 -大分トリニータの15年-」(木村元彦)

電子書籍発売のお知らせ

名著だと思うJリーグのオフザピッチをテーマとした書籍は現状3つある。

我那覇選手のドーピング冤罪事件を扱った「争うは本意ならねど」。木之本興三氏のJリーグ開幕に向けた尽力が紹介されている「日本サッカーに捧げた両足 ~真実のJリーグ創世記~」。そして、今回紹介する一冊。

世間で語られる元大分トリニータ社長・溝畑宏氏のイメージとは違う、意外な一面を知ることができる内容となっている。多くのサッカーファンにとって溝畑氏のイメージは「ずさんな経営者」だろうが、本書内に登場する関係者の証言によって、必ずしもそうとは言えない側面が見えてくる。「どうやって取材したんだ」と驚嘆する生々しい(臨場感溢れる)エピソードの数々には何回読んでも興奮させられるし、読了後、溝畑氏への印象は間違いなく変わる。

「争うは本意ならねど」(木村元彦)

書籍概要

書籍名:社長・溝畑宏の天国と地獄 -大分トリニータの15年-

著者:木村元彦

発行:集英社

価格:1,200円(税別)

詳細はこちら

大分トリニータとスポンサー

「天国と地獄」とタイトルが付いているが、基本的には終始“地獄”が書かれている。ここでいう地獄とは「クラブの経営」。対スポンサーを軸とした、経営資金集めでの奮闘が主題。社長でありながら営業マンでもあった溝畑氏が、どのような立ち振る舞いで次々と新規スポンサーを獲得したのか。政治的な要素が大きかった大分トリニータというクラブの立ち上げ経緯、そうした過去を背景とした地元企業からの反発……クラブを取り巻く環境を知れば知るほど、誰が社長でも当時の安定経営は非常に難しいミッションだっただろうと感じさせた。

ただ、この書籍(トリニータの物語)が面白いのは、経営危機時に「朝日ソーラー」「ペイントハウス」「マルハン」といった救世主企業が登場すること。スポンサー側の社長は人間的に魅力がある方ばかりで、彼らの言葉からは社会的な立場を越えて、「人間としてどう生きるのか」を問われているような熱さがある。そして、その熱量に全力で向き合う溝畑氏。何度か登場するスポンサー接待時のエピソードは、熱すぎるがゆえにコンプライアンスが厳しい現在であれば許されないであろう内容ばかり。そうした難局(?)を乗り越えて、支援を獲得した溝畑氏もまた人間的に魅力があることも事実なのだろう。

また、前述した企業名を見て、思うところがあった方もいたと思うが(詳しくは本書で)、スポンサー(の社長)のバックボーンとスポンサードを決めた理由にも重厚な物語があり、そこまで丁寧に取材されているからこそ感じられる、スポンサーを獲得することの重みも読みどころの1つ。

ガンバ大阪のスポンサーアクティベーション考察 -ロート製薬「デ・オウ選手権」を事例に-

ご存じの通り、溝畑トリニータの最後は悲しい結末を迎える。スポンサー企業の経営不振、「フォーリーフマジ勘弁でチュ」事件などが引き金となり、溝畑氏のトリニータ社長としてのキャリアは誰も望まない形で終了する。筆者の木村氏は、このような結果となったいくつかの原因について本書内で言及している。ただ、世間的にはすべての責任は溝畑氏にあるような認識になっていることへの恐怖は読了後、最初に感じた感情であった。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove
電子書籍発売のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪出身東京在住のガンバサポーター。駄文系サッカーブログを運営。「サポーター目線」をコンセプトにガンバ大阪やJリーグ、アウェイ遠征先で食べたグルメ(主にラーメン)に関する雑記を配信中。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン