「松阪牛麺」(パナソニックスタジアム吹田)




「松坂牛」×「ラーメン」……これだけ聞くと色物ラーメンという印象を受ける方もいるかもしれないが、まぎれもない本格派。小江戸系の観光地にありそうな外観も期待感を高める。立地が悪いのであまり知名度は高くないが吹田市を代表するラーメン屋の1つ。

お店紹介

松坂牛麺 外観

店名:松阪牛麺

住所:大阪府吹田市津雲台7-5-1

営業時間:11:30~14:30(L.O) 18:00~21:30(L.O)

HPはこちら

大阪モノレールと阪急千里線の2路線が接続する「山田駅」が最寄りだが、駅からは徒歩10分程度かかる。ランチタイムは20~30分並ぶので試合前に訪ねる際は注意が必要。店内はカウンターのみ。水菜やトマトなど珍しいオプショントッピングメニューや、松坂牛を利用した白米系サイドメニューも人気。

食べるべき一品:「松坂牛かす麺」(850円)

松坂牛かす麺

大半の人は松坂牛を楽しめる「松坂牛麺」を注文するが、ラーメン好きが楽しめるのはこちらの一品。「出汁」と表現した方がいい上質なスープに松坂牛麺よりも多く入れられた「牛かす」がこくを与えている。そこにシャキシャキとした水菜で食感にアクセントをつけつつ、レモン輪切りのさっぱり感で味に変化も加えられる面白さ。麺は全粒粉入りの細固麺で蕎麦に似ている。

ご飯系のサイドメニューも充実しており、その中でもおススメは松坂牛脂の精製油を白米にかけて頂く「ヘットごはん」。濃厚ながら嫌な舌触りではない油が白米との相性抜群。

その他メニュー:「松坂牛麺」(1,080円)

松坂牛を楽しみたいかたはこちら。生肉の状態で提供されるので出汁をかけてから食べる。肉好きの方は+500円で「肉盛り」もあり、松坂牛が2倍になる。(写真は肉盛り)

おススメ度:6.5点/10点満点

松坂牛をコンセプトとしている点をはじめ、水菜山盛りのビジュアルや、レモントッピングなどユニークさは訪問価値あり。値段が高い分、客層も良い印象。ちょっとした高級感も味わえる。パナソニックスタジアムに向かう道中、多くの人が利用する千里中央はラーメン不毛の地なので、どうしても食べたい時は隣駅で途中下車してみては。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

一日中サッカーのことばかり考えているダメサラリーマン。東京在住の30代男性。衛星放送の会社に勤務しつつ、大学院でスポーツを勉強中。アウェイ遠征時は御朱印をもらってからスタジアムへ。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライス。