「ラーメン富士丸」(埼玉スタジアム)




「二郎系」と呼ばれるラーメンがある。大量の極太麺に、大量の野菜。大量のニンニクに、大量の背脂。大きすぎるチャーシューに、生卵のトッピング。

「なんて下品な食べ物なんだ」

ラーメンが大好きだからこそ許せなかった。昔、友人に連れられて食べた二郎系ラーメンは決して美味しいとは思わなかった。二度と食べない。繊細さの欠片もないこの食べ物はラーメンへの冒涜だ。

しかし、出る杭は打たれても、出すぎた杭は打たれない。再び友人に連れられて食べたこの店は違った。提供されたラーメンを一口食べた時、思わず笑ってしまった。

「これは、すごいものを食べているのではないか」

有名店であることは知っていながら「二郎系だろ?」と食わず嫌いだった自分を恥じた。このラーメンは量が多いだけじゃない。「二郎を越えるラーメン」というファンの言葉の意味が今なら分かる。

お店紹介

ラーメン富士丸

店名:ラーメン富士丸

住所:東京都北区神谷3-29-11

営業時間:18:20~24:00(定休日:月曜)

HPはこちら

国道122号北本通り沿い、ニトリ本社の向かい側に立地。埼玉スタジアムに向かう際に多くのサポーターが利用する東京メトロ南北線・志茂駅から徒歩5分程度。私が初めてこのお店に来たのはサッカー日本代表戦後の帰り道。24時まで営業しているのでナイトゲームの試合後にも立ち寄ることが出来る。しかし、大人気店ゆえに行列は必至。ラーメンの量が普通ではないため1杯食べきるのに20~30分かかる。ゆえに回転は極端に遅く、待ち時間は最低でも1時間は覚悟した方が良い。

食べるべき一品:「富士丸ラーメン」(850円)

富士丸ラーメン

予め断っておくが、写真の富士丸ラーメンは大盛ではない。これで普通サイズである。野菜もニンニクも何も「増し」にしないでこのビジュアルである。下品というよりも、凶暴という表現がしっくりくる。食べきれない方は麺の少なめも選べるのでご安心を。

カエシの効きまくったスープは存在感抜群。強烈に主張するその味は間違いなく唯一無二で、もはやこれをラーメンのスープとしていいのか疑問を覚えるほど。そのスープと一緒に食べるクタクタ野菜が大人気で、これ目当ての常連客は「マシマシ」を注文する人も多いという。そんな野菜や、ほとんど塊である豚を食べたら、下から極太の平打縮れ麺が登場する。きっと強烈スープに対応するためにはこれくらいの太さが必要なのだろう。「すする」のではなく「噛む」という感覚で食べる。途中からラーメンと勝負をしているような感覚になる。

味変ができるオプションを注文することで更にラーメンを堪能できる。旨味を加えてくれる「アブラ」は食欲を増進させてくれるし、濃すぎる味に少し飽きてきたら「生卵」ですき焼きのように食べることもできる。乱暴な一品でありながら、お客さんの好みに合わせた多様性も持ち合わせている点も人気の秘訣かもしれない。

肉好きの方は国産ブタメン

おススメ度:7.5点/10点満点

ほとんど狂気である。ただ、だからこそ“信者”に近い熱心なファンが生まれる。万人におススメできる店ではない。店内の支配する独特の雰囲気や、一見さんにとってはハードルが高い注文方法や量。食べきれず、器を前に青ざめている人を過去何回も見てきた。だが、それがいい。退店直後は尋常ではない満腹感に「もう1年は食べなくていい」と後悔にも近い感情を抱くが、数週間後には食べたくて仕方なくなる中毒性がある不思議。これは宗教なのだ。一度食べたら辞められない。代表が負けた後の暴飲暴食にうってつけ。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。