「ラーメン富士丸」(埼玉スタジアム)

「二郎系」と呼ばれるラーメンがある。大量の極太麺、大量の野菜、大量のニンニク、大量の背脂、大きすぎるチャーシュー、生卵。

「なんて下品な食べ物なんだ」

最初はそう思った。ラーメンが大好きだからこそ許せなかった。昔、友人に連れられて食べた二郎系ラーメンも美味しいとは思わなかった。繊細さの欠片もないこの食べ物はラーメンへの冒涜だ。もう二度と食べない……。

しかし、出る杭は打たれても、出すぎた杭は打たれない。再び友人に連れられて食べたこの店の二郎系は違った。今までの自分を恥じた。このラーメンは違う。食べ終えた時、ファンが言う「二郎を越えるラーメン」という意味が分かった。

お店紹介

ラーメン富士丸

店名:ラーメン富士丸

住所:東京都北区神谷3-29-11

営業時間:18:20~24:00(定休日:月曜)

HPはこちら

国道122号(北本通り)沿い、ニトリ本社の向かい側に毎晩現れる行列。埼玉スタジアムに向かう際に利用する人も多い東京メトロ南北線の志茂駅から徒歩5分程度。24時まで営業しているのでナイトゲームの試合後にも立ち寄ることが可能。ただ、二郎系ゆえに量が多く、回転はかなり悪い。1杯食べきるのに20~30分程度かかる。待ち時間は最低でも1時間は覚悟して訪問するのがベター。

食べるべき一品:「富士丸ラーメン」(850円)

富士丸ラーメン

写真は大盛ではないく、普通サイズ。野菜もニンニクも普通。それでも、このビジュアルである。“凶暴”とでも表現すべき見た目は富士丸ラーメンの特徴である。小食の方は「麺少なめ」も注文可能なのでご安心を。

カエシの効いたスープは存在感抜群。強烈に主張するその味は唯一無二。ラーメンのスープとして概念を変えるほどのインパクトがある。そして、そのスープに漬けて食べる“クタクタ野菜”も大人気。野菜目当ての常連客も多く、「野菜マシマシ」をコールをする声が店内に響く。そして、野菜の上には“塊豚“。さらに下から極太の平打縮れ麺が登場。強烈なスープに見合うには麺はこれくらいの太さが必要なのだろう。“すする”のではなく、“噛む”という感覚。途中からは食べるというより、ラーメンと勝負をしているような感覚も。

オプションもおススメ。二郎系ラーメンの定番“アブラ”は相性抜群で、食欲を増進させてくれる。濃すぎるスープに少し飽きてきたら“生卵”ですき焼き風に。凶暴な一品でありながら、お客さんの好みに合わせた多様性も持ち合わせている点も人気の秘訣かもしれない。

肉好きの方は国産ブタメン

おススメ度:7.5点/10点満点

ほとんど狂気である。ただ、だからこそ“信者”に近い熱心なファンが生まれる。万人におススメできない。店内の独特の雰囲気や、一見さんにとってはハードルが高い注文方法や量。食べきれず、器を前に青ざめている人を過去何回も見てきた。

だが、それがいい。

退店直後は尋常ではない満腹感に加え、「この先1年は食べなくていい」と、後悔にも近い感情を抱くが、数週間後には食べたくて仕方なくなる中毒性がある不思議。このラーメンは宗教なのかもしれない。一度食べたら辞められない。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”をコンセプトにJリーグやガンバ大阪に関する雑記、全国のラーメン食レポなどを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転職。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime