「中華そば 椿」(埼玉スタジアム)




元々は西新井駅発祥の人気店。そこから上野駅に油そば専門の店を出店、池袋駅に支店など拡大路線を辿ったが、2014年春には本店を含む全店舗が閉鎖する事態に。人気店の閉鎖にファンが悲しみに暮れる中、同年の夏に王子駅で復活。瞬く間にラーメンファンの間で情報が拡散され、喜びに沸いた。

お店紹介

中華そば 椿

店名:中華そば 椿

住所:東京都北区王子本町2-23-9

営業時間:11:30~15:00 (L.O 14:30)、19:00~22:00 (L.O 21:30)

HPはこちら

王子駅から区役所方面の坂道を登ること7分。王子稲荷神社付近に立地。ラーメン激戦区の王子エリアでも人気は高く、決して場所は良いとは言えないながら開店前から列ができる。メニューは「中華そば」「つけめん」「油そば」の3種類でどれも完成度が高く、注文も分散している印象。ボリュームはノーマルサイズでも多く、普通の男性は大盛でお腹一杯。特盛は大食い専用と考えた方がいい。

食べるべき一品:「特製つけめん」(1,100円)

特製つけめん

つけ汁

全てのメニューが美味しいので、これまでの「アウェイ飯」の中で一番選定に迷ったが今回は「特製つけめん」を推したい。特徴は“肉”のボリューム。分厚い角煮のようなチャーシューはアンデス高原豚を使用。柔らかさ・ジューシーはこれまで食べてきたラーメンチャーシューで最強。また、このチャーシューを細かく刻んだものが豚骨魚介風味の濃厚つけ汁の中にもふんだんに入っており、つけ汁だけでも商品として成立するレベル。そして、麺はタピオカ入りでぷるぷるな食感がたまらなく、ボリュームを忘れてしまう食べやすさ。

中華そばと油そばも絶品。共に完成度の高い濃厚さ。ガッツリ系ラーメンが好きな方におすすめ。

中華そば

 

おススメ度:9点/10点満点

一口食べれば「レベルが違う」ことが分かる超実力派。最寄り駅から少し歩いてでも食べるべきラーメン。全メニューが美味しいので季節によって食べるものを変えてもいい。寡黙ながら、誠実にラーメンとお客さんと向き合っている夫婦経営の雰囲気も良し。カウンターのみの店内はラーメンに集中でき、客層も喋る人が少ない印象。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。