「らぁ麺 はやし田 新宿本店」(味の素スタジアム)

食べログラーメン百名店をはじめ、数々のラーメン賞に選出され、超激戦区の新宿でも最高峰の人気を誇る名店。若手社長が率いる株式会社INGSの系列店で、『煮干中華そば鈴蘭』『らぁ麺 鳳仙花』『俺の麺 春道』なども運営している。チェーン展開にありがちなセントラルキッチンではなく、全て店内で調理する本格派。

お店紹介

らぁ麺 はやし田 新宿本店

赤羽店

店名:らぁ麺 はやし田 新宿本店

住所:東京都新宿区新宿3-31-5 新宿ペガサス館 1F

営業時間:11:00~16:00、18:00~22:00

HPはこちら

最寄り駅は新宿か新宿三丁目。マルイの裏、路地に店はあるので少し分かりにくいが、近くまで行けば入店を待つ行列で発見できるはず。店内はカウンターのみで、スタッフ数も多く、回転は早い。清潔感があって女性客も多い印象。ラーメンは替え玉あり。昼は「まぜそば」、夜は「汁なし担担麺」と時間限定メニューもある。食券は買わずに並ぶスタイル。

食べるべき一品:「醤油らぁ麺」(800円)

醤油らぁ麺(800円)

マキシマム親子丼

王道感溢れる醤油らぁ麺。丁寧に作られていることが伝わるビジュアル。繊細さを感じさせる味は万人に愛される。完成度が高い。「鶏」がコンセプトとなっており、スープは大山どりの丸鶏と鴨を炊き上げたもの。醤油の甘みの中に、鶏の旨味を確かに感じるバランスの良さが魅力。このスープを満喫できるオプション「鶏茶漬け(200円)」もおススメ。

チャーシューには低温調理した鶏むね肉が採用されている他、希少価値の高い穂先メンマなど全体的にこだわりが強い。麺は全粒粉を使用している。

まぜそば ~三段仕込み~

おススメ度:7点/10点満点

インパクトには欠けるが、間違いなく美味しい。普段ラーメンをあまり食べない層にも支持されそう。女性や高齢者も楽しめる味。優しいスープの味を楽しむという面では、同じ新宿エリアにある“あごだし”「焼きあご塩らー麺 たかはし」のお茶漬けも美味しいので、食べ比べてみてもいいかもしれない。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

駄文系サポーターブログ管理人。“サポーター目線”がコンセプト。Jリーグやガンバ大阪に関する雑記、ラーメンを中心とした全国のグルメ紹介記事などを執筆。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア編集者に転身。筑波大学大学院でスポーツ社会学を研究(修士号取得)。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。ツイッターID:@7additionaltime