先日、サッカー日本代表の試合を観に埼玉スタジアムに行った。Jリーグの数倍はするチケット料金にも関わらず毎回満員になる人気コンテンツだ。もちろん、私も楽しんでいるサッカーファンの一人なのだが、たまに“第三者目線”で日本代表を観ていると感じる時がある。言い換えると、少し醒めている。日本代表を「We」ではなく「They」としてしか見られず試合に熱くなれないのだ。

私は日本代表ファンであると同時にガンバ大阪サポーターだが、ガンバ大阪に関しては前述のような醒めた感情をもった事がない。これはコミュニィサイズの違いが原因だと考えている。コミュニティが小さい方が連帯感を感じながら応援する事ができる。よく知っている分ピッチで戦っている選手は仲間であり、私達そのものだと思う事ができる。抽象的な表現にはなるが“心の距離”を応援において重要な要素であると捉えている。

同じ事を日本代表に求めるのは不可能だ。日本代表試合開催時におけるスタジアムの雰囲気が「軽く」「お祭りみたい」にJリーグサポーターから見えてしまうのはメンバー構成や活動頻度から考えても当然で、それは批判されることではない。一人ひとりの熱量はJリーグサポーターよりも低いにも関わらず高いチケット代を払って6万人弱の集客ができている事はむしろポジティブな事ではないだろうか。小さなコミュニティで熱量が高くなった結果、タコツボ化したのがJリーグなのであれば、日本代表はこのままでいいと思う。

毎試合満席の日本代表戦

矛盾する承認欲求

一方で、熱量的には低く見ている日本代表ではあるが、同時に特別視もしている。

今回は日本代表という媒体を通じて我がガンバ大阪の倉田という選手を日本中に知ってもらえた事、同じく今野が再評価を受けた事は我が事のように嬉しかった。ガンバというコミュニティの中では評価されていた2人がより大きなコミュニティに認められる喜びを感じた。

日本代表でも奮闘する倉田秋

Jリーグにおいて欧州移籍を快く送り出すパターンが多いのは欧州サッカー界が自分達のクラブより大きな世界である事を認めているからこそだが、同じ事が日本代表にも当てはまる。

「ハリル監督にうちの●●(選手名)がバレる!」
「代表に行かせないで休ませたい」

代表選出をネガティブに思うJリーグサポーター定番の台詞であるし、本音だ。個人的にもガンバ大阪のJリーグでの1勝はワールドカップ最終予選での1勝より100倍重い。ただ、前述のような代表での活躍を誇りに思う気持ちもある。

この矛盾する気持ちと付き合いつつ、これからもJリーグと日本代表を楽しもうと思う。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

基本的にサッカーのことばかり考えているダメサラリーマン。大阪出身の30代男性。ハンドルネームが全く浸透せず「ロスタイムさん」「ロス7さん」などと呼ばれがち。健康のために炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライス。