鳴りやまぬウィジョコール -seize the day-




あの日、スタジアムは2つの感情を持っていた。1つは当然「ガンバを勝たせたい」という感情。もう1つは「ウィジョにゴールを決めさせたい」。ガンバに勝って欲しい。できればウィジョのゴールで。これが共通理解だった。

0-0で迎えた試合終盤は後者の感情の方が強くなり、もはやウィジョにゴールを決めさせることが最優先のような空気感がスタジアムを支配した。スタジアム中に響き渡る大声量のウィジョチャント。そして、それに呼応するようにゴールに迫り続けるウィジョ。そこには確かな相互性が存在した。定量的には測れないJリーグの魅力が詰まった幸せな時間。ウィジョのシュートがポストを叩く儚さも含めてサッカー。アンコントーラブルな世界に生きているからこそ私達は団結できる。

シュートは惜しくもポストを叩いた

別れるべきタイミングだった。変わり続けなければ生きていけない

ウィジョはガンバ得意の2年越しオファーで2017年6月に入団。入団を決意した背景には前所属である城南FCの経営難もあり、必ずしも100%前向きな移籍ではなかった。ただ、デビュー戦である大阪ダービーでのゴールからの2年間、両者にとって良い旅だったと思う。ガンバにとっては6試合連続ゴールなど昨シーズン残留の立役者であり、今回の移籍に関しても報道によれば2億以上の移籍金を手にしているという。ウィジョ個人としても韓国代表への定着、クラブの理解があって参加できたアジア大会では得点王&優勝。これで得た兵役免除が夢であった欧州移籍を後押ししたのは間違いない。

別れは悲しいけれど、今シーズンのプレーを振り返ればタイミングだったとも言える。得点数にも表れている通り、対戦相手から研究され尽くされた感も強かった。分析技術が進んだサッカー界においては変わり続けなければ生きていけない。過去を振り返えると、エースの移籍がポジティブに働いた例はいくつかある。ガンバを象徴する“パスサッカー”はヤットの存在が大きいながらも、04年に当時エースであったマグロンの退団によって空中戦が使えなくなったことがきっかけ。記憶に新しいところでは08年にバレーが退団したことによって“縦ポン”が減り、細かくつなぐサッカーが復活した。特に今回はウィジョの代わりとなるのが宇佐美であることからも悲観は全くしていない。

試合後、ゴール裏の声援に応えるファン・ウィジョ

プロの世界において基本的には別れはネガティブな要素を含んでいる。今週の事例だけでもそれを痛感できる。多くのサポーターから愛されたジェソクは出場期間を失っての移籍であり、藤本淳吾も同じ。田中達也に関しては出場機会があったにも関わらず加入後半年での退団ということもあり批判の対象に。中村敬斗も移籍が決まれば、批判はされないだろうが堂安律から続く戦力になり始めたタイミングでの10代の流出というトレンドに頭を悩ますこととなる。

去り際の美学 -長谷川健太監督のスピーチによせて-

だからこそ、ウィジョ退団に多くのサポーターは感傷的になった。お互いの未来を応援し合える別れの希少性。そして、同時に痛感する「今」の大切さ。選手達と過ごせる時間は短い。宮本監督の座右の銘「seize the day(今を生きる)」が身に染みた。

GOOD LUCK!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。