「麺屋こうじ」(三協フロンテア柏スタジアム)

天下の麺屋こうじグループの総本山。グループ内で唯一その名が付いた柏を代表する人気ラーメン店。グループ店舗には松戸の「とみ田」や東十条の「麺処 ほん田」など超一流ラーメン店がずらり。ルーツは“神様”山岸一雄さん。「つけ麺」をベースに師の教えを次の世代に繋げながら発展してきた歴史を持っている。

お店紹介

麺屋こうじ 外観

店名:麺屋こうじ

住所:千葉県柏市旭町1-4-15

営業時間:11:00~17:00 18:00~24:00

HPはこちら

日立台に向かう東口とは逆側、柏駅西口から徒歩数分のところに立地。昼と夜で提供するラーメンが違うのが特徴。昼はつけ麺、夜は二郎インスパイア系が売り。共に味もボリュームもガツンとパワフルさが特徴。ガッツリお腹一杯食べたい方におススメ。店内はテーブル&カウンターで22席とまずまず広いこともあって行列なしで食べられるのも嬉しい。希望があれば紙エプロンの提供も。

食べるべき一品:「チャーシューもりそば」(1,150円)

チャーシューもりそば

山岸一雄さんをルーツに持つ麵屋こうじグループで食べるべきはやはり「つけ麺」一択。全粒粉の極太麺は“すする”という表現がつかえないほどの破壊力。そして、この極太麺に負けない濃厚な豚骨魚介系スープ。表面には魚粉も。ストロングスタイルながら大味ではないバランスが病みつきにさせる。スープは温め直しも可能。

チャーシューは豚バラ、ロース、豚トロに炙りのひと手間を入れたもの。脂身はトロトロでスープにつけると相乗効果抜群。油好きにはたまらない。ダイエット中の人は絶対に食べてはいけない一品。最後は椎茸のスライスが入った和風出汁で割スープ。椎茸の風味は結構強いのでここは好き嫌いが大きく分かれそう。

豚バラ、ロース、豚トロ

基本的にはガッツリ系が好きな方が訪問する店なので夜もおススメ。もぐもぐ噛む必要がある極太麺にからむ絡む罪悪感溢れるニンニクやスープ。そして、様式美である山盛りモヤシ。夜にこれを食べるのは健康的には確実に最低な行為であること間違いなし。だが、旨い。それでいい。それがいい。

おススメ度:7.5点/10点満点

信頼と実績の麵屋こうじグループの店。安定の美味しさ。ガッツリ系が期待する濃厚豚骨魚介の味をそのまま提供してくれる。ジューシーすぎるチャーシューも自分が何を求められているのが理解している。松戸の「とみ田」や東十条の「麺処 ほん田」と比べると1つレベルは落ちるが、営業時間や立地ともにアウェイ飯の選択肢上位にくること間違いなし。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019-2020

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ガンバ大阪サポーターブロガー。東京在住30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、サッカーメディア会社へ。筑波大学大学院スポーツ社会学修士。週末ダイエットフットボーラー。趣味は炭水化物抜きダイエット。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。