「ハングリータイガー」(ニッパツ三ツ沢球技場)




「横浜っ子のソウルフード」と評判のハンバーグ屋さん。横浜市を中心とした神奈川県内のみに店舗をかませるご当地感がアウェイサポーターの興味をそそる。1969年創業の老舗で同店のHPには「日本中のハンバーグスタイルの正真正銘の元祖はハングリータイガー」である旨が記載されている。ファミリーレストランではないので少し値段は高めだが、応援するチームの祝勝会などにはピッタリ。

お店紹介

外観

店名:ハングリータイガー(横浜モアーズ店)

住所:横浜市西区南幸1-3-1 横浜モアーズ8F

営業時間:11:00~23:00(オーダーストップ 22:00)

HPはこちら

横浜駅から徒歩数分。ランチタイムは行列。回転は早くなく、整理券を受け取ったあとは店の前のベンチやビル内のショッピングエリアを散策して時間を潰す。ちなみに、武蔵小杉店もあるので、等々力競技場でのアウェイ観戦時でも食べることは可能。

食べるべき一品:「ダブルハンバーグステーキ」(2,470円)

ダブルハンバーグステーキ

「粗く挽いた牛肉を、ごろんと丸めただけのハンバーグ」は実に肉々しく、ワイルドな味。「玉ねぎやパン粉などを混ぜない」「炭火はガスも電気も一切使用しない」など多くのこだわりが詰まっている。席にはソースもかかっていないラグビーボール状で運ばれ、目の前でカッティングなど最後の仕上げをして頂ける。その際、肉汁とソースが熱々の鉄板ではねまくるので注意が必要。今回はチーズのトッピング(170円)もお願いした。

おススメ度:5/10点満点

「ご当地感」「味」は申し分ないが、やはり少し高い。同じ“ご当地ハンバーグ”に最強アウェイ飯「さわやか」(@静岡)がある点を考えると必ずしもここで食べなければいけないとはならない。ただ、素材や調理法などに対する強いこだわりがあるので本物志向の方にはお勧め。

ごちそうさまでした。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1日中サッカーのことばかり考えているダメ社会人。ガンバ大阪サポーター。東京在住の30代男性。10年間の衛星放送会社勤務を経て、スポーツを勉強するために大学院に入学。炭水化物抜きダイエットを実施中。好きな食べ物はカレーライスとラーメン。